広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3136101 科目区分 専門教育科目
授業科目名 成人看護方法演習・慢性期
授業科目名
(フリガナ)
セイジンカンゴホウホウエンシュウ・マンセイキ
英文授業科目名 Practicum in Adult Nursing : Chronic Stage
担当教員名 寺本 千恵,加澤 佳奈,森山 美知子,澤渡 浩之
担当教員名
(フリガナ)
テラモト チエ,カザワ カナ,モリヤマ ミチコ,サワタリ ヒロユキ
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 火3-4:保203
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 04 : 保健学
対象学生 看護学専攻3年次生
授業のキーワード ヘルスアセスメント、クリティカルケア、慢性期看護、リハビリテーション看護、がん看護,実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(能力・技能)
・根拠に基づき,看護を計画的に実践する能力の知識と理解
・対象の健康課題を根拠に基づいて査定する能力 
授業の目標・概要等 1.疾患のステージに応じた看護の特徴について理解し、代表的な疾患や状態の看護を学習する。
2.健康問題をもつ成人のアセスメント及びその援助方法を学習する。
3.対象の情報を多角的に分析・判断し(critical thinking)、最新の根拠をもとに(evidence based)適切な看護援助を選択・実施する方法を身につける。 
授業計画 第1回 慢性疾患患者のヘルスアセスメント (糖尿病)/フィジカル・アセスメント
第2回 慢性腎不全患者の看護
第3回 慢性呼吸不全患者の看護 
第4回 心不全患者の看護 
第5回 がん患者の看護
第6回 症状マネジメント・エンド・オブ・ライフ・ケア
第7回 周手術期看護1 (術前・術中)
第8回 周手術期看護2(術後)
第9回 クリティカルケア
第10回 周手術期看護事例展開/ 人工呼吸器を装着した患者の看護
第11回 電解質と酸塩基平衡/周手術期看護事例展開
第12回 体液バランスの管理/急変した患者の看護
第13回 脳神経疾患患者の管理
第14回 脳卒中患者の看護
第15回 試験 
教科書・参考書等 【教科書】
① 成人看護学 急性期看護Ⅰ 第3版 南江堂
② リハビリテーション看護 第2版 南江堂
③ 看護技術プラクティス 第3版 学研 
④ 成人看護学 慢性期看護論 第3版 ヌーヴェルヒロカワ
⑤ 緩和ケア  南江堂
⑥ 基本から学ぶ看護過程と看護診断  医学書院                 
⑦ スタンダード生理学 第3版 

【推薦図書】
・看護診断ハンドブック 第10版  医学書院  
・カルペニート 看護過程・看護診断入門  医学書院  
・疾患別看護過程 第3版 医学書院  
・がん診療レジデントマニュアル 第7版  医学書院  
・病気が見える 消化器/糖尿病・代謝・内分泌/血液/脳・神経/腎・泌尿器/循環器/呼吸器 
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回オリエンテーションで授業概要を示す。
各回ごとにテキストの該当箇所を読み、予習してくること。
 
履修上の注意
受講条件等
基礎看護学に関する科目を修了している者
成人看護学概論・成人健康障害看護を修了している者
必ず、成人看護方法演習・急性期とセットで受講すること 
成績評価の基準等 筆記試験:100% 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
看護師業務に携わった経験を持つ教員と、専門看護師・認定看護師免許を有し、現在、臨床現場で活躍している講師が、病態理解を含めた看護について講義し、必要な技術について演習を行う。 
メッセージ 原則、遅刻・欠席は認めません。欠席する場合は必ず講師開始前に澤渡までメールで連絡すること。
主体的・積極的姿勢で参加すること。文献やインターネットを活用して情報を収集し、問題解決型学習を主とする。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ