広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 理学部
講義コード HK280000 科目区分 専門教育科目
授業科目名 発生生物学A
授業科目名
(フリガナ)
ハッセイセイブツガクA
英文授業科目名 Developmental Biology A
担当教員名 山本 卓,佐久間 哲史
担当教員名
(フリガナ)
ヤマモト タカシ,サクマ テツシ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 火5-6,木5-6:理B305
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 03 : 基礎生物学
対象学生 学部3年生
授業のキーワード 発生、分化、遺伝子発現 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
発生生物学の基礎的知識の習得 
到達度評価
の評価項目
生物学プログラム
(知識・理解)
・生物学諸専門分野における高度な専門的知識を理解し,修得する。 
授業の目標・概要等 前半は、発生生物学に用いられる研究手法について解説する。中後半は、動物の発生機構をモデル動物の発生を例にとり講義する。  
授業計画 第1回 ガイダンスとイントロダクション -発生生物学の中心的問題-
第2回 発生生物学の研究手法(1)
第3回 発生生物学の研究手法(2)
第4回 発生生物学の研究手法(3)
第5回 発生生物学の研究手法(4)
第6回 初期発生の分子機構(1)
第7回 初期発生の分子機構(2)
第8回 初期発生の分子機構(3)
第9回 ショウジョウバエの発生-モデル生物として特徴-
第10回 ショウジョウバエの発生-前後軸形成-(1)
第11回 ショウジョウバエの発生-前後軸形成- (2)
第12回 ショウジョウバエの発生-背腹軸形成-
第13回 両生類の発生(1)
第14回 両生類の発生(2)
第15回 まとめ 
教科書・参考書等 テキスト:Campbell & Reece, Biology
参考書:
細胞の分子生物学(B. Alberts他著, Newton Press)
Developmental Biology(S.F. Gilbert著, Sinauer)
発生生物学キーノート(R.M. Twyman著, Springer)
形づくりの分子メカニズム(上野直人・野地澄晴著, 羊土社)
 
授業で使用する
メディア・機器等
パワーポイントを用いて授業を行う。プリントを適宜配付する。  
予習・復習への
アドバイス
毎回配布する資料プリントに沿って、講義を進める。プリントの内容を次の講義までに復習すること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 成績評価は、小テスト・平常点20%および期末試験80%により行う 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 発生生物学の最近の研究成果を含めて講義する。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ