広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 理学部
講義コード HJ500000 科目区分 専門教育科目
授業科目名 基礎化学A
授業科目名
(フリガナ)
キソカガクA
英文授業科目名 Basic Chemistry A
担当教員名 井口 佳哉
担当教員名
(フリガナ)
イノクチ ヨシヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 木9-10,金3-4:理E102
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
オンライン講義。使用する資料,講義動画はBb9上にアップロードする。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 07 : 化学
対象学生 化学科1年次生   前期
授業のキーワード 量子化学,原子・分子の構造,化学結合 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
・物理化学(特に量子化学)の基礎的知識を徹底して理解し習得する
・基礎学問の論理的骨格や体系及び学問形成に必要な知識・技術を理解し習得する 
到達度評価
の評価項目
化学プログラム
(知識・理解)
・物理化学,無機化学,有機化学の基礎的知識を徹底して理解し習得する
・基礎学問の論理的骨格や体系及び学問形成に必要な知識・技術を理解し習得する 
授業の目標・概要等 物理化学系の講義を中心とした化学の基礎知識をマスターする。 
授業計画 第1回:
基礎化学Aの概要の説明
第2回:
単位について
1.2 水素原子の線スペクトル
第3回:
1.3 ボーア原子
1.4 ボーアの仮説
第4回:
2.1 光の波動性
2.2 光の粒子性
2.3 光の粒子性と波動性
2.4 電子の粒子性と波動性
2.5 物質波とド・ブロイの式
第5回:
2.6 物質波とボーアの量子条件
2.7 波動方程式
第6回:
2.8 波動方程式を解く
2.9 vの意味
第7回:
第1章,2章の内容の演習
第8回:
3.1 ド・ブロイの式
3.2 時間に依存しない波動方程式
3.3 時間に依存しないシュレーディンガー方程式
第9回:
3.4 ハミルトニアン
3.5 固有値問題
3.6 ハミルトニアンを書き下すには
第10回:
3.7 井戸型ポテンシャル中の自由粒子
3.8 シュレーディンガー方程式の固有値の意味
3.9 井戸型ポテンシャル中の自由粒子の波動関数とエネルギー固有値
3.10 量子状態の特徴
第11回:
第3章の内容の演習
第12回:
4.1 波動関数
4.2 固有値
4.3 波動関数の直交性
第13回:
4.4 期待値
第14回:
4.5 演算子と固有関数の変数分離
第15回:
総合演習

期末テストを実施します。また,演習のレポート提出を課す予定です。 
教科書・参考書等 化学同人「量子化学 基礎からのアプローチ」真船文隆著、を参考書とし,これに従って講義を行う。また必要に応じて資料を配布する。 
授業で使用する
メディア・機器等
参考書,配付資料,パワーポイント 
予習・復習への
アドバイス
原子の構造や、電子の軌道、電子配置、化学結合などについて量子化学の概念をもとに講義する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 レポート,期末テストの成績により総合評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 将来化学のどんな分野に進むとしても,量子化学は必須の知識となります。この講義を通して,量子化学から見た化学の捉え方について学び,将来の専門的な学習の基礎としてもらいたいと思います。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ