広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 理学部
講義コード HJ240000 科目区分 専門教育科目
授業科目名 分子構造化学
授業科目名
(フリガナ)
ブンシコウゾウカガク
英文授業科目名 Molecular Structural Chemistry
担当教員名 井口 佳哉
担当教員名
(フリガナ)
イノクチ ヨシヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 火3-4,金3-4:理E210
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用、ディスカッション。新型コロナウィルスに関連する社会情勢により,オンライン講義となる可能性あり。その場合は,Bb9に関係資料をアップロードする予定。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 07 : 化学
対象学生 化学科学部3年生
授業のキーワード 量子化学、振動状態、回転状態、電子状態、分子分光 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
基礎化学A、基礎物理化学B、物理化学IB, IIBを既習であることが望ましい。 
到達度評価
の評価項目
化学プログラム
(知識・理解)
・化学諸専門分野や学際領域における高度な専門的知識を理解し習得する 
授業の目標・概要等 アトキンス物理化学(下)13、14章を中心に、原子の電子状態、分子の回転、振動、電子状態、分子の構造と分光学について学ぶ。 
授業計画 第1回 アトキンス物理化学 上巻の復習 1次元の箱のなかの粒子のシュレディンガー方程式、調和振動子、換算質量、回転、角運動量
第2回 アトキンス物理化学 上巻の復習 1次元の箱のなかの粒子のシュレディンガー方程式、調和振動子、換算質量、回転、角運動量
第3回 アトキンス物理化学 上巻の復習 1次元の箱のなかの粒子のシュレディンガー方程式、調和振動子、換算質量、回転、角運動量
第4回 遷移と選択律
第5回 分子の回転
第6回 分子の振動1
第7回 分子の振動2
第8回 非調和性と解離エネルギー
第9回 振動回転分光学
第10回 多原子分子の振動1
第11回 多原子分子の振動2
第12回 水素様原子の電子状態
第13回 多電子原子の電子状態
第14回 二原子分子の電子スペクトル
第15回 期末テスト

期末テストを実施する。必要に応じてレポート,小テストにより知識の定着を図る。 
教科書・参考書等 アトキンス物理化学 上巻,下巻 化学同人 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
予習、復習なしでこの講義の内容を理解し単位を取得することはほぼ不可能であるので,その覚悟のある者のみ受講すること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 期末テストの点数のみで評価。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ