広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 法学部法学科昼間コース
講義コード F1083554 科目区分 専門教育科目
授業科目名 社会安全政策論
授業科目名
(フリガナ)
シヤカイアンゼンセイサクロン
英文授業科目名 Community Safety Policy
担当教員名 吉中 信人
担当教員名
(フリガナ)
ヨシナカ ノブヒト
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 火7-8,金7-8:法・経B255
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 、オンラインで実施 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 01 : 法学
対象学生 2年次生以上
授業のキーワード 実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 警察実務の現場を知ることで、法理論と実務との間隙を意識しつつ、総合的な思考ができるようになることを目標とする。 
授業計画 第1回 オリエンテーション
第2回 広島県警察の概要
第3回 安全・安心なまちづくりー「減らそう犯罪」県民総ぐるみ運動ー
第4回 女性・子供を犯罪から守るための取り組みについて
第5回 少年非行防止総合対策ー非行少年を生まない社会づくりー
第6回 犯罪被害者への支援
第7回 地域警察活動
策8回 国際テロリズムと日本
第9回 交通事故抑止総合対策
第10回 捜査をめぐる諸問題
第11回 災害発生時における警察救助部隊の存在意義と活動内容
第12回 繁華街・歓楽街総合対策ー犯罪に巻き込まれないためにー
第13回 薬物・銃器犯罪の現状と対策
第14回 特殊詐欺抑止対策について
第15回 サイバー犯罪の現状と対策

毎回コメントペーパーの提出を求める。

詳細については初回ガイダンスで説明します。
※今後講師の都合により急遽,日程を変更する場合もあります。もみじ授業掲示にてお知らせします。 
教科書・参考書等 オリエンテーションの際に指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
Microsoft Teamsを使用。パワーポイントによるプレゼンテーションを行う。 
予習・復習への
アドバイス
毎回のテーマに対応した記事を文献やインターネットから検索して予習をしておくこと。疑問点等をコメントペーパーに記載し、授業の後に自分で考えながら復習をすること。
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 原則コメントぺーパーの提出によるが、授業中の発言ないし態度も評価対象となりうる。私語や居眠り等は厳禁。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
警察実務に長年関わってこられた、一線の実務家によってオムニバス形式で行われ実際の警察実務について講義されます。 
メッセージ 将来警察への就職を考えている学生は、ぜひ受講して下さい。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ