広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 法学部法学科昼間コース
講義コード F1069153 科目区分 専門教育科目
授業科目名 刑法総論
授業科目名
(フリガナ)
ケイホウソウロン
英文授業科目名 General Provisions of Criminal Law
担当教員名 吉中 信人
担当教員名
(フリガナ)
ヨシナカ ノブヒト
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 金5-8:法・経B255
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
オンライン講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 01 : 法学
対象学生 2年次生以上
授業のキーワード 罪刑法定主義、構成要件該当性、故意、過失、違法阻却事由、責任阻却事由、未遂、予備・陰謀、共犯、共謀共同正犯、教唆犯、従犯、間接正犯 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
ビジネス法務プログラム
(知識・理解)
・法制度の体系的理解に不可欠な基本的知識・理解

公共政策プログラム
(知識・理解)
・法制度の体系的理解に不可欠な基本的知識・理解

Law and Politics Program
(知識・理解)
・法制度の体系的理解に不可欠な基本的知識・理解

法政総合プログラム
(知識・理解)
・法制度の体系的理解に不可欠な基本的知識・理解 
授業の目標・概要等 理論刑法の体系を理解し、個別の重要問題について、判例・通説の立場から説明することができる。 
授業計画 第1回 刑法理論
第2回 罪刑法定主義と刑法の解釈
第3回 刑法の適用
第4回 構成要件該当性
第5回 因果関係
第6回 主観的構成要件要素、故意犯、故意の態様
第7回 錯誤、過失
第8回  違法阻却事由(1)
第9回  違法阻却事由(2)
第10回  責任阻却事由(1)
第11回  責任阻却事由(2)
第12回  未遂、予備・陰謀
第13回 共犯(1)
第14回  共犯(2)
第15回  罪数論

状況に応じて検討する。 
教科書・参考書等 教科書: 町野朔『刑法総論』(信山社、2019)
参考書: 山口厚・佐伯仁志『別冊ジュリスト刑法判例百選①総論〔第7版〕』(有斐閣、2014) 
授業で使用する
メディア・機器等
対象者のニーズに応じて、丁寧且つ的確に対応する。 
予習・復習への
アドバイス
(予習)教科書の該当箇所を熟読しておくこと(初回から毎回約60頁分進みます)。
(復習)判例百選の該当判例を熟読して理解を確かめておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
毎回の真剣な参加が求められる。 
成績評価の基準等 期末試験によって評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 刑法総論は難解ですが、分かるようになるとクセになる面白さがあります。学問研究の面白さと同時に、それを超えて、犯罪と刑罰をめぐる関係者の置かれた困難に思いをいたすことも大切です。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ