広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC521303 科目区分 専門教育科目
授業科目名 学習・言語心理学
授業科目名
(フリガナ)
ガクシュウ・ゲンゴシンリガク
英文授業科目名 Psychology of Learning and Language
担当教員名 中條 和光
担当教員名
(フリガナ)
チュウジョウ カズミツ
開講キャンパス   開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 金5-8:教K104
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
非対面,講義中心。
初回の開講時期,受講方法については,もみじの授業掲示版で連絡します。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 06 : 心理学
対象学生 心理学系コース生 選択科目
授業のキーワード SDG_04,学習心理学,認知心理学,言語心理学,学習理論,記憶,動機づけ,言語発達,教授・学習過程 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
心理学プログラムの中の専門科目領域概論として,学習心理学,言語心理学に関する基本的な知識を獲得させること,及び教授・学習過程や言語の獲得・使用の理解の基礎となる知識を獲得させることを目的としています。
学習とは,人が経験を通して知識を獲得したり,知識構造を変化させたりすることです。人は,学習によって知識やスキルを身につけ,環境に適応しています。したがって,学習のメカニズムを理解することが人間に対する理解を深めることに繋がります。また,人を人たらしめているものとして言語の使用があります。人は,どのように言語を獲得し使用するのか,学習心理学からアプローチを紹介します。学習のメカニズムについて理解することは,教育方法や学習方法の改善,読字・書字障害や学習障害の支援に役立ちます。
 
到達度評価
の評価項目
心理学プログラム
(知識・理解)
・心の仕組みや働きに関する標準的知識を身につける 
授業の目標・概要等 この講義の目標は,学習心理学・言語心理学に関する基本的な知識を得ることです。
学習とは,経験を通して行動や知識が変化することです。学習は環境に適応するために生物に備わった機能です。人は、学習機能によって知識やスキルを獲得したり,社会に適応したりしています。この講義では,学習のしくみを行動理論と認知心理学の観点から解説します。また,言語の獲得については,一般の学習とは異なるメカニズムが関与している可能性があります。言葉に固有の学習過程についても解説します。 
授業計画 第1回 学習の心理学的研究について
第2回 学習の理論1 古典的条件づけ
第3回 学習の理論2 道具的条件づけ
第4回 学習の理論3 認知的学習理論,社会的学習理論
第5回 言語の獲得と使用1 (言語獲得の理論)
第6回 言語発達の過程
第7回 学習と動機づけ1 動機づけ,外発的/内発的動機づけ,自己効力感
第8回 学習と動機づけ2 学習意欲と学習指導
第9回 記憶1 知識獲得としての学習,記憶の過程,記憶のモデル
第10回 記憶2 作動記憶
第11回 記憶3 長期記憶(エピソード記憶・意味記憶,潜在・顕在記憶)
第12回 記憶4 長期記憶(理解と記憶,有意味受容学習,深い学び)
第13回 知識による行動の制御(注意,自動的過程と制御的過程,メタ認知)
第14回 言語の獲得と使用2 文・文章の理解,読み
第15回 個に応じた学習指導 適正処遇交互作用,障害のある学習者の理解

第16回目に,試験を実施する。 
教科書・参考書等 教科書として,下記の図書を使用します。
1.中條和光(編著)2018 シリーズ心理学と仕事第4巻 学習心理学 北大路書房
講義で使用するプレゼンターション資料は,Bb9からダウンロードできるようにします。
授業前にダウンロードしておいてください。また,適宜,プリント資料などを配付することがあります。
また,テキストに準ずる参考図書として以下の3点を指定します。
1.藤田哲也(編著)2007 絶対役立つ教育心理学 ミネルヴァ書房
2.山内光哉・春木豊(編著)2001 グラフィック学習心理学-行動と認知 サイエンス社
3.市川伸一 2011 学習と教育の心理学 増補版 (現代心理学入門3) 岩波書店
 
授業で使用する
メディア・機器等
必携PC(ダウンロードした資料の閲覧用),配付資料,映像(ビデオやPC画像をプロジェクターで投影する)
 
予習・復習への
アドバイス
第1回から15回
(1)予習として,各回と関連のある教科書,参考図書の内容に目を通しておいてください。内容をすべて理解して授業に臨む必要はありませんが,講義内容をあらかじめ把握し,疑問点や質問したい点を明らかにしておくことを勧めます。
(2)授業中の質問を歓迎します。わからないままで教室を出ることのないよう,臆せず質問してください。
(3)復習として,ノート作りをすることを勧めます。自分でノートを整理することで,理解できている点,よく理解できていない点が明らかになると思います。良く理解できていない点については,授業中に配布するプリント,参考図書を読み返す,関連する図書を調べるなどして次の講義までに解決しておいてください。もしも解決がつかないときや参考となる図書がわからないときには,随時,質問してください。
試験
(1)試験問題は講義した内容の全範囲から出題します。教科書,配付資料,ノートで復習し,指定参考図書で理解を深めて試験を受けるようにしてください。 
履修上の注意
受講条件等
心理学に関する概論的な講義を受講していることが望ましい。
教職専門科目:幼児,児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程
公認心理師になるために必要な科目です。 
成績評価の基準等 期末レポートと講義中に課す課題などを総合して評価します。

 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 授業の際に実験や調査への参加や参加協力を求めることがあります。
実験や調査は,授業終了後の教室や,心理学の実験室などで行います。
心理学は,座学の学問ではありません。心理学の主たる研究方法は,人間の心の働きを測定し,それに基づいて実証的に心の働きのモデルを構成するというものです。実験や調査に参加することは,心理学の研究方法を学ぶ良い機会になります。ぜひ,参加してください。
なお,参加の呼びかけに応じるか否かは,成績の評価とは無関連です。
 
その他  
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ