広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC445201 科目区分 専門教育科目
授業科目名 彫刻教育素材実習
授業科目名
(フリガナ)
チョウコクキョウイクソザイジッシュウ
英文授業科目名 Study on Materials for Carvings and Sculptures
担当教員名 一鍬田 徹
担当教員名
(フリガナ)
ヒトクワダ トオル
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 火9-10,金9-10:教E110
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
実技 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 造形芸術系コースの学生
授業のキーワード 彫刻、立体造形、石彫、木彫 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
造形芸術教育プログラムにおける専門教育の発展科目 
到達度評価
の評価項目
造形芸術教育プログラム
(知識・理解)
・造形芸術教育の内容(絵画、彫刻、デザイン、工芸、造形芸術学)について、知識や理解をもとに説明することができる。
(能力・技能)
・造形芸術教育の内容(絵画、彫刻、デザイン、工芸、造形芸術学)に関する技能を習得し、その特質に応じた表現ができる。 
授業の目標・概要等 今日に見られる様々な立体表現の中で重要な「素材」の問題に焦点をあて、教育現場の実践例や美術作品をもとに理解する。また代表的な素材の一つである石材や木材等による制作を行い、造形感覚を伸ばす。この授業では中等教育美術科におけるカーヴィングに関する効果的な教材開発について考察するものである。 
授業計画 第1回オリエンテーション、課題の提示
第2回石彫及び木彫の道具について、モチーフの検討
第3回 罫書き(石彫)
第4回 粗彫り(石彫1)〈抽象形体〉粗彫り
第5回 粗彫り(石彫2)〈抽象形体〉粗彫り
第6回 粗彫り(石彫3)〈抽象形体〉面取り
第7回 石彫制作(石彫4)〈抽象形体〉細部
第8回 石彫制作(石彫5)〈抽象形体〉磨き
第9回 木彫制作〈具象形体〉アイデアスケッチ
第10回 木彫制作〈具象形体〉罫書き
第11回 木彫制作〈具象形体〉粗彫り
第12回 木彫制作〈具象形体〉粗彫り
第13回 木彫制作〈具象形体〉面取り
第14回 木彫制作〈具象形体〉細部、彩色
第15回 講評会

素材の特徴を生かして制作を行う。(粗彫り、磨き)
「やわらかい石」(石彫)、「自然の形から学ぶ」(木彫)をテーマに、想像及び観察をもとにした表現をする。

 
教科書・参考書等 石材、木材実費負担,道具は貸し出し可。
必要に応じて資料を配布するので、授業初回時にA4-Sファイル(2つ穴、縦)1冊を持参のこと。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回課題の意図を把握し、モチーフを検討する。
第2回配布される資料を熟読し、石彫または木彫に関わる道具について理解する。
第3回モチーフを6面からよく検討しておくこと。
第4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14回道具の用法に十分注意し、安全に使用すること。(時間外での使用は、担当教員の許可を必ず得ること。)
第15回自分の作品を客観的に評価するように努めること。
 
履修上の注意
受講条件等
「教科専門科目(彫刻)」
・ 教室、施設等による定員制限あり。
・造形芸術系コース以外の受講希望者は、必ず事前に担当教員に相談し、許可を得ること。
教材費徴収予定。(石材または木材、数千円程度)
 
成績評価の基準等 授業レポート、完成作品の提出をもって総合的に判断する。
 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
彫刻家としての経験を通して、実践的な授業を行う。 
メッセージ 後半の木彫課題については、例年、資料不足のために制作が思うように進まない学生が散見される。事前の十分な資料収集を行うこと。(インターネット上の画像は不可。印刷されたものを準備のこと)
また素材の性質上、時間外での制作が余儀なくされる場合がある。完成作品は、展示・公開する。 
その他 危険な道具を使用することも多いので、怪我や事故につながらないよう、十分な緊張感をもって授業に臨むこと。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ