広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC444137 科目区分 専門教育科目
授業科目名 卒業研究基礎制作II
授業科目名
(フリガナ)
ソツギョウケンキュウキソセイサクII
英文授業科目名 Exercise to Graduarion Thesis II
担当教員名 内田 雅三
担当教員名
(フリガナ)
ウチダ マサゾウ
開講キャンパス 東広島 開設期 4年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 木1-2:教E205
授業の方法 実技 授業の方法
【詳細情報】
【対面実施】演習、実習中心、学生の発表 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 造形芸術系コースの学生
授業のキーワード 絵画、作品制作、理論、資料収集、論文 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
造形芸術教育学プログラムの卒業研究科目 
到達度評価
の評価項目
造形芸術教育プログラム
(総合的な力)
・造形芸術教育の内容(絵画、彫刻、デザイン、工芸、造形芸術学)固有の課題を理解し、より発展的な表現へと進化させることができる。
・知識と情報を駆使して造形芸術教育の今日的課題を発見し、これを研究・探求するとともに、効果的な媒体で表現することができる。 
授業の目標・概要等  「卒業研究基礎制作I」に基づき、理論的研究に関する研究方法、資料の分析、検証などをとおして研究を深化させていく。また作品制作に関する実践的研究では、作品テーマ、造形要素、表現技法などをとおして、より高度な作品を実現させていく。 
授業計画 第1回 ガイダンス、授業内容説明、作品制作計画書について/論文・研究について

第2回 作品制作個別ガイダンス(これまでの作品・資料を含めて)作品制作準備(地塗り等)/論文テーマについて

第3回 作品制作準備・開始/論文研究資料の収集等について
第4回から第7回 作品制作/論文先行研究等について
第8回 中間批評会
第9回から第14回 作品制作/論文個別指導

第15回 完成批評会(作品、研究報告書、スケッチブック提出)/論文批評会

報告書 
教科書・参考書等 作品制作、論文指導

授業時に適宜、指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,ビデオ 
予習・復習への
アドバイス
各回とも研究テーマに沿った資料・報告書・作品制作等の進捗状況を提示し、ディスカッションすべき問題点を明らかにしておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
卒業研究基礎制作Iを履修済みのこと。 
成績評価の基準等 作品、論文に関する報告書 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 卒業制作および卒業論文を踏まえ、より高度で具体的なものへと発展させていけるよう自己のテーマとその課題を強く認識し、分析的に解決を図っていく。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ