広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC443406 科目区分 専門教育科目
授業科目名 工芸教育素材研究II
授業科目名
(フリガナ)
コウゲイキョウイクソザイケンキュウII
英文授業科目名 Studies on craft materials II
担当教員名 井戸川 豊
担当教員名
(フリガナ)
イドガワ ユタカ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 火5-8:教E111
授業の方法 講義・演習 授業の方法
【詳細情報】
演習,学生の発表,作業,薬品使用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 6セメ(造形芸術系コースの学生)
授業のキーワード ・工芸素材・工芸技法 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
プログラムコアの専門発展科目として,工芸教育及び工芸制作をおこなう上で必要とされる造形力を習得する。 
到達度評価
の評価項目
造形芸術教育プログラム
(知識・理解)
・造形芸術教育の内容(絵画、彫刻、デザイン、工芸、造形芸術学)について、知識や理解をもとに説明することができる。
(能力・技能)
・造形芸術教育の内容(絵画、彫刻、デザイン、工芸、造形芸術学)に関する技能を習得し、その特質に応じた表現ができる。 
授業の目標・概要等 工芸制作において素材研究は,作り手の制作意図を達成するために欠かせないものである。本授業では工芸材料となるさまざまな素材を実際に扱い,各自の表現を追及し,あわせて工芸教育における教材開発の能力を習得することを目的とする。 
授業計画 1回 オリエンテーション(授業概説)
2回 課題研究1
陶芸1(粘土の調整)
3回 課題研究1
陶芸2(成形)
4回 課題研究1
陶芸3(焼成)
5回 課題研究1
木工1(図案作成)
6回 課題研究1
木工2(木箱への図案転写)
7回 課題研究1
木工3(彫刻刀の扱い方の説明)
8回 課題研究1
木工4(彫刻刀で彫る)
9回 課題研究2
木工5(彫りの仕上げ)
10回 課題研究2
漆芸1(とのこを塗る)
11回 課題研究2
漆芸2(すき漆で内側を塗る)
12回 課題研究2
漆芸3(すき漆で外側を塗る)
13回 課題研究2
漆芸4(仕上げ漆〈内側〉)

14回 課題研究2
漆芸5(仕上げ漆〈外側〉)
15回 総括 
教科書・参考書等 テキストは特に指定しないが,適宜,参考文献の紹介,関係資料の配布をおこなう。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回授業計画の把握
第2回参考資料,文献の収集
第3回参考資料,文献の検討
第4回参考資料,文献の収集
第5回参考資料,文献の検討
第6回参考資料,文献の収集
第7回レポートの作成
第8回参考資料,文献の収集
第9回参考資料,文献の検討
第10回参考資料,文献の収集
第11回参考資料,文献の検討
第12回参考資料,文献の収集
第13回参考資料,文献の検討
第14回レポートの作成
第15回今後の課題の検討 
履修上の注意
受講条件等
受講生は,造形芸術系コース生もしくは教員免許(美術)取得希望者に限定する。制作に適した服装で臨むこと。制作についての材料・道具は各自が購入する。 
成績評価の基準等 レポート(和文のみ),授業への取り組み方及び提出作品等によって総合的に判断する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ