広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC440804 科目区分 専門教育科目
授業科目名 工芸表現論
授業科目名
(フリガナ)
コウゲイヒョウゲンロン
英文授業科目名 Theory of Artistic Craft
担当教員名 井戸川 豊
担当教員名
(フリガナ)
イドガワ ユタカ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 水1-4:教L206
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義・演習,ディスカッション,学生の発表,作業,薬品使用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 造形芸術系コース4セメ及び造形芸術系コース及び教員免許(美術)取得希望の学生
授業のキーワード 自主的な学習 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
プログラムコアの専門基礎科目として,工芸教育をおこなう上での必要最低限の造形力および理論を習得する。 
到達度評価
の評価項目
造形芸術教育プログラム
(知識・理解)
・造形芸術教育の内容(絵画、彫刻、デザイン、工芸、造形芸術学)について、知識や理解をもとに説明することができる。
(能力・技能)
・造形芸術教育の研究課題(表現を含む)を発見し、批判的に分析・検討してまとめることができる。 
授業の目標・概要等 環境や風土の中で人間生活と密接に関わりながら生み出されてきた工芸について理解を深める。地域や歴史、また素材と技法によって、多様で豊かな世界を発展させてきた工芸の魅力と特性を様々な角度から考察し、工芸教育指導のための基礎的な知識を得る。 
授業計画 1回 オリエンテーション(授業概説)
2回 レポート発表 ディスカッション
  出席番号1~4の学生
3回 レポート発表 ディスカッション
  出席番号5~8の学生
4回 レポート発表 ディスカッション
  出席番号9~12の学生
5回 ガラス工芸について
6回 陶芸について
7回 近代の工芸について

8回 課題研究
象嵌について(図案)
9回 課題研究
象嵌について(図案を転写する)
10回 課題研究
象嵌について(彫る)
11回 課題研究
象嵌について(埋める)
12回 課題研究
象嵌について(素焼)
13回 課題研究
象嵌について(施釉,本焼)
14回 レポート発表
15回 総括 レポート提出 
教科書・参考書等 授業開始後,適宜紹介する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回授業概要を理解する
第2回授業の方向ずけをおこなう
第3回参考文献の収集
第4回参考資料の検討
第5回参考文献の収集
第6回参考資料の検討
第7回参考文献の収集
第8回参考資料の検討
第9回参考文献の収集
第10回参考資料の検討
第11回参考文献の収集
第12回参考資料の検討
第13回レポートの作成
第14回レポートの作成
第15回各自が総括する 
履修上の注意
受講条件等
人数制限あり。作業スペース,機材設備の事情のため造形芸術系コース及び美術教員免許取得希望の学生に限定する。
考察を補足するため小作品の制作をおこなう,そのための材料費が必要。購入方法
は,授業開始後説明する。教科専門科目(工芸) 
成績評価の基準等 出席,レポート(和文のみ),提出作品による。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ