広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC439304 科目区分 専門教育科目
授業科目名 音楽文化教育研究法
授業科目名
(フリガナ)
オンガクブンカキョウイクケンキュウホウ
英文授業科目名 Methodology for studying Music Culture Education
担当教員名 伊藤 真,高旗 健次,徳永 崇
担当教員名
(フリガナ)
イトウ シン,タカハタ ケンジ,トクナガ タカシ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表。 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 音楽文化系コース2年次生のみ
授業のキーワード 音楽文化教育、研究方法、質的研究、量的研究 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
卒業論文制作に向けて、知っておかなければならない基本知識を習得することが期待される。 
到達度評価
の評価項目
音楽文化教育プログラム
(能力・技能)
・中等音楽系教育に関する課題設定から資料収集、分析・調査検討という研究過程を経て論文作成までに必要とされる知的能力と技能の習得
・音楽系内容領域に関する課題設定から資料収集、分析・調査検討という研究過程を経て論文作成までに必要とされる知的能力と技能の習得
(総合的な力)
・研究・活動を企画・立案し、効果的に実行し、その成果を伝えることができる能力 
授業の目標・概要等 音楽文化教育に関するさまざまな研究分野の研究方法を学び、各自興味のある分野に関する先行研究をレビューする。 
授業計画 第1回 研究テーマの探索
第2回 過去の卒業論文発表会レジュメのレビュー(Aグループ)
第3回 過去の卒業論文発表会レジュメのレビュー(Bグループ)
第4回 自分のテーマに関連した論文の探索
第5回 引用文献と注の書き方
第6回 CiNiiによる文献検索
第7回 CiNiiによる文献検索
第8回 検索した論文のレビュー(Aグループ)
第9回 検索した論文のレビュー(Bグループ)
第10回 研究テーマの発表(Aグループ)
第11回 研究テーマの発表(Bグループ)
第12回 論文の作法
第13回 テーマ発表会に向けたプレゼンテーション(Aグループ)
第14回 テーマ発表会に向けたプレゼンテーション(Bグループ)
第15回 テーマ発表会に向けたプレゼンテーション(Cグループ)

レジュメの提出および研究発表。 
教科書・参考書等 とくになし。 
授業で使用する
メディア・機器等
とくになし。 
予習・復習への
アドバイス
第1回 興味のあるものが何か、思考の整理をすること
第2~3回 卒業論文はどのような構成と内容で書かれているかを知ること
第4~5回 自分のテーマに沿った過去の卒業論文を収集すること
第6~7回 文献探索の方法をここでマスターするように。ここで文献探索の範囲は広がる。将来を見据えた自分の研究テーマについて、真摯に考える必要がある。
第8~9回 文献のアウトラインに通じ、よい論文の条件を知ること
第10~11回 ここで、自分の研究テーマがはっきりと形になるように。
第12回 論文を書く際の留意点について明確にすること
第13回 調査した結果を記述する能力が求められる。
第14回 論文書式は、まず第一に整えられなくてはならない。これが整っていない論文は、内容も劣るものとなることは、数々の前例が証明している。
第15回 自分のプレゼンテーションの仕方について反省し、改善する機会である。 
履修上の注意
受講条件等
「論文の書き方」の類の書籍を最低1冊は読んでおくこと。 
成績評価の基準等 出席と発表,および到達度により評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 論文作成とは、内容はもちろんのことだが、様式・形式をきちんと整えることもきわめて大切である。この授業によって、論文作成のプロセスをぜひ習得するように。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ