広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC424605 科目区分 専門教育科目
授業科目名 住居設計演習I
授業科目名
(フリガナ)
ジュウキョセッケイエンシュウI
英文授業科目名 Exercises in Housing Design I
担当教員名 高田 宏
担当教員名
(フリガナ)
タカタ ヒロシ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 金5-8:教B703
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 人間生活系コース学生選択
授業のキーワード 住宅の設計,技能 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
人間生活教育プログラム
(能力・技能)
・中等教育および生涯活動教育の人間生活系内容領域に関する資料・情報を収集し,内容領域ごとにまとめ読解する能力
(総合的な力)
・研究や教育活動において,コミュニケーションを確保し,成果や発表内容をまとめ,多様な手段を用いてプレゼンテーションする能力 
授業の目標・概要等 住居分野の表現法としての製図法について学び,高度な表現法を習得する。住まいの構造を理解し,図面として表現する力を養う。住居分野の表現法として製図法について理解する。
 
授業計画 第 1回 住居設計演習Ⅰの概要
第 2回 住宅図面の作成(平面図兼配置図)(1)配置
第 3回 住宅図面の作成(平面図兼配置図)(2)柱・壁
第 4回 住宅図面の作成(平面図兼配置図)(3)建具
第 5回 住宅図面の作成(平面図兼配置図)(4)家具
第 6回 住宅図面の作成(立面図,断面図)(1)配置
第 7回 住宅図面の作成(立面図,断面図)(2)外観
第 8回 住宅図面の作成(立面図,断面図)(3)建具・家具
第 9回 住宅図面の作成(矩計図)(1)中心線
第10回 住宅図面の作成(矩計図)(2)躯体
第11回 住宅図面の作成(矩計図)(3)基礎
第12回 住宅図面の作成(矩計図)(4)天井,外壁
第13回 住宅図面の作成(矩計図)(5)詳細
第14回 住宅図面の作成(矩計図)(6)寸法,文字
第15回 住宅図面の作成(仕上げ)

課題を提出してもらう 
教科書・参考書等 教材としてプリントを配布する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,プロジェクター 
予習・復習への
アドバイス
第 1回(予習)設計製図の内容を予習しておく。
   (復習)住宅設計演習Ⅰの概要を理解する。
第2-5回(予習)平面図について予習しておく。
   (復習)平面図兼配置図について理解を深める。
第6-8回(予習)立面図,断面図についてよく理解しておく。
   (復習)立面図,断面図の製図法について理解を深める。
第9-14回(予習)矩計図についてよく理解しておく。
   (復習)矩計図ついて理解を深める。
第15回(予習)これまでの講義の内容を予習しておく。
   (復習)製図法ついて理解を深める。
 
履修上の注意
受講条件等
教科専門科目:家庭(住居学)
「設計製図」を履修していることが望ましい。
「住居設計演習Ⅱ」を履修予定の者はこの科目を事前に履修することが望ましい。
 
成績評価の基準等 演習の提出物と授業態度を総合的に評価します。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 二級建築士受験資格を得ることを目的とした講義です。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ