広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC420203 科目区分 専門教育科目
授業科目名 家庭科教材構成論
授業科目名
(フリガナ)
カテイカキョウザイコウセイロン
英文授業科目名 Subject Matter Study of Home Economics Education
担当教員名 鈴木 明子
担当教員名
(フリガナ)
スズキ アキコ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 金5-8:教K114
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義(オンライン)、演習 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード 家庭科の目標・内容,家庭科の教材・教具,学習指導案,授業研究 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
プログラムコア科目の専門基礎科目である。家庭科授業論1(オプショナル専門科目)において習得した家庭科および家庭科授業に関する基礎的な知識・理解を深めるとともに,家庭科教材研究を通して家庭科授業設計能力を習得させることを意図している。 
到達度評価
の評価項目
人間生活教育プログラム
(知識・理解)
・中等人間生活系教育の理論と方法に関する基本的知識
(総合的な力)
・人間生活系教育のカリキュラムや授業および人間生活に係わる生涯活動教育のプログラムを分析し,デザインし, 立案する能力 
授業の目標・概要等 家庭科教育の目標と内容を理解し,家庭科の教材研究能力を高め,各自の教材観及び指導観に基づいて具体的に家庭科の授業設計ができる能力と技能の基礎を養う。 
授業計画 オリエンテーション,家庭科の課題,教材研究の意義
家庭科の目標・内容を理解する(学習指導要領・教科書)
教材研究①(学習指導要領と教科書から教材を考える)
家庭科授業の成り立ちについて考える(題材構成と年間指導計画)
教材研究②(題材および年間指導計画の中で教材をとらえる)
教材研究③(題材計画をたてる)→課題1
課題1の発表と討議
学習指導案作成①(題材と1単位時間の授業)
学習指導案作成②(めあての明確化)
学習指導案作成③(学習者の認識過程)
学習指導案作成④(指導方法と環境づくり)→課題2
課題2(学習指導案)のテーマ別討議(グループ別)①
課題2(学習指導案)のテーマ別討議(グループ別)②
課題2のテーマ別討議発表①
教科観の再考と教材観の総括 →最終レポート

3つの課題レポートを課す。 
教科書・参考書等 「中学校学習指導要領解説 技術・家庭編」(文部科学省)
「高等学校学習指導要領解説 家庭編」(文部科学省)「家庭科教育法 中・高等学校の授業づくり 」中間美砂子編(建帛社)
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
授業終了後,講義内容と各自の課題を確認し,質問があれば質問票で提出する。参考図書を読み,授業実践例にできるだけ多く触れること。 
履修上の注意
受講条件等
教職専門科目:家庭(教科の指導法),家庭科授業論1を履修していることが望ましい。 
成績評価の基準等 課題50%, 発表や討議への取り組みの態度50%として評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 中高家庭科教諭免許取得希望者は必ず受講すること。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ