広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC414205 科目区分 専門教育科目
授業科目名 運動技術論
授業科目名
(フリガナ)
ウンドウギジュツロン
英文授業科目名 Sports Skills and Morphology(lec.)
担当教員名 草間 益良夫
担当教員名
(フリガナ)
クサマ マスラオ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 金5-8:教K216
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 05 : スポーツ科学
対象学生 専修生選択
授業のキーワード 運動、個人種目、技術論 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
健康スポーツ教育プログラム
(知識・理解)
・学校体育とその教育における基本的知識と理解
・社会体育とその教育における基本的知識と理解
・健康やスポーツに関する1)2)を含んだ幅広い知識と理解 
授業の目標・概要等 中等教育や生涯スポーツとして行われる運動(剣道等)の技術について指導書や研究論文からその内容や指導法を学習する。 
授業計画 講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(1回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(2回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(3回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(4回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(5回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(6回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(7回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(8回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(9回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(10回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(11回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(12回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(13回)
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。(14回)
「まとめ」の講義、学生の発表とディスカッションを行う。(15回)

毎回のレポートとディスカッション、試験としての口頭発表を行う。

剣道の代表的な指導書や文献(例えば、宮本武蔵の「五輪書」など)にみられる剣道の技術的内容を読み取る。また、剣道における最新の科学研究にみられる研究論文を参考に、指導書や文献にみられた技術的内容をわかりやすいデータや事例から説明する。
さらに、技術学的側面から、「個人種目」の特徴や指導法についても検討する。 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心;ディスカッション・学生の発表・レポート有り)
使用する視聴覚教材の種類(ビデオ・DVD・パワーポイント等)



 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
運動技術について、運動の「観察、実践、指導」の観点から予習・復習する。 
履修上の注意
受講条件等
毎回レポートを提出する。 
成績評価の基準等 毎回のレポート、授業中のディスカッションや発表等の活動、試験としての口頭発表、を総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 授業の終わりには「授業内容」に関連する発表を行ってもらいます。その際には、活発な質疑応答を期待しております。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ