広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC412505 科目区分 専門教育科目
授業科目名 スポーツ生理学
授業科目名
(フリガナ)
スポーツセイリガク
英文授業科目名 Sport Physiology
担当教員名 上田 毅
担当教員名
(フリガナ)
ウエダ タケシ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 火1-4:教K203
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード 「身体運動の生理」「運動、環境への適応」「発育発達」「トレーニングへの適応」 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
専門科目 
到達度評価
の評価項目
健康スポーツ教育プログラム
(知識・理解)
・学校体育とその教育における基本的知識と理解
・社会体育とその教育における基本的知識と理解
・健康やスポーツに関する1)2)を含んだ幅広い知識と理解 
授業の目標・概要等 「スポーツ生理学の知識と理解」
 ヒトのスポーツ・運動と生理応答の関係、環境適応について学習する。また、トレーニングによる身体機能の適応について学習する。 
授業計画 第1回:スポーツ生理学概論
第2回: 筋収縮とエネルギー供給系
第3回:筋収縮の種類とその特徴
第4回:神経系の役割
第5回:筋の収縮様式と筋力
第6回:運動と循環
第7回:運動と呼吸
第8回:運動とホルモン
第9回:身体組成
第10回 運動処方(体力測定法,対象に合わせたスポーツ指導,中高年者や女性とスポーツ)
第11回 生活習慣病と運動処方
第12回:運動と体温調節
第13回:筋疲労の要因
第14回 発育発達と身体機能(体力測定評価と関連事項)
第15回: 試験、まとめ 
教科書・参考書等 テキスト「入門運動生理学」杏林書院
参考書「スポーツ生理学(渡部和彦訳)」大修館書店、「図説・運動生理学入門」医歯薬出版、「呼吸」NAP、「循環」NAP、「骨格筋」NAP。
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
授業内容の復習を中心として、知識の定着をはかる。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 試験、態度で評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ