広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC410503 科目区分 専門教育科目
授業科目名 バイオメカニクス
授業科目名
(フリガナ)
バイオメカニクス
英文授業科目名 Biomechanics
担当教員名 上田 毅
担当教員名
(フリガナ)
ウエダ タケシ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火1-4:教K203
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 2年次生
授業のキーワード 「バイオメカニクスの基礎としての解剖学、運動生理学、身体運動の力学」「身体運動の実際」「実験測定法」 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
専門基礎科目 
到達度評価
の評価項目
健康スポーツ教育プログラム
(知識・理解)
・学校体育とその教育における基本的知識と理解
・社会体育とその教育における基本的知識と理解
・健康やスポーツに関する1)2)を含んだ幅広い知識と理解 
授業の目標・概要等 スポーツ動作についてバイオメカニクスの分析方法を学習する。言葉で表現することで分析結果をスポーツ指導に役立てる方法を学ぶ。 
授業計画 第1回:バイオメカニクス概論
第2回:筋・骨格:身体のしくみと働きとして(運動器のしくみと働き,スキルの獲得とその獲得過程)
第3回:運動生理(呼吸循環器系の働きとエネルギー供給)
第4回:運動と力学の法則(スポーツバイオメカニクスの基礎)
第5回:バイオメカニクスの実際(立つ)
第6回:バイオメカニクスの実際(歩く)
第7回:バイオメカニクスの実際(跳ぶ)
第8回:バイオメカニクスの実際(投げる)
第9回:バイオメカニクスの実際(打つ)
第10回:バイオメカニクスの実際(蹴る)
第11回:バイオメカニクスの実際(泳ぐ)
第12回:バイオメカニクスの実際(滑る)
第13回:バイオメカニクスの実際(回転運動)
第14回:バイオメカニクスの実際(自転車)
第15回:試験、まとめ 
教科書・参考書等 テキスト「絵で見る講義ノート改定スポーツバイオメカニクス入門」杏林書院 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
受講内容の復習を中心として、知識の定着をはかること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 試験、態度で評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ