広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC335211 科目区分 専門教育科目
授業科目名 日本語教育学特定研究II
授業科目名
(フリガナ)
ニホンゴキョウイクガクトクテイケンキュウII
英文授業科目名 Specific Study of Japanese as a Second Language II
担当教員名 松見 法男
担当教員名
(フリガナ)
マツミ ノリオ
開講キャンパス 東広島 開設期 4年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 火9-10:教員研究室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義・演習併用,学生の発表,ディスカッション 
単位 1.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 06 : 心理学
対象学生 日本語教育系コース生必修
授業のキーワード 母語習得,第二言語学習,認知と情動,心理学アプローチ,実証的研究 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
本プログラムの集大成である卒業研究(卒業論文)を完成させるための基礎的,応用的な研究能力・技能を身につけるための授業科目として位置づけられる。 
到達度評価
の評価項目
日本語教育プログラム
(総合的な力)
・個人,あるいはグループで研究・活動を立案し,効果的に実現する。
・個々の研究や教育実践の成果をレポートや論文にまとめ,プレゼンテーションをする。 
授業の目標・概要等 母語の習得や,日本語をはじめとする第二言語の学習にかかわる心理的メカニズムを解明するための実証的研究について,基礎力と応用力を培う。 
授業計画 第1回 卒論中間発表会以降に加筆・修正された研究計画を再度,吟味する
第2回 同上
第3回 予備調査・実験の準備をするとともに,手続きについての具体的な流れを明確にする
第4回 同上
第5回 予備調査・実験を実施し,問題点を整理する
第6回 同上
第7回 本調査・実験に向けて,最終的な準備をし,遂行する
第8回 同上
第9回 調査・実験データを分析し,統計処理を行って,結果を明確にする
第10回 同上
第11回 結果についての考察を展開する
第12回 同上
第13回 卒論最終発表会の準備をしながら,卒業研究をまとめる
第14回 同上
第15回 最終発表会で研究の成果を公表し,質疑・応答に積極的に参加する

授業は,受講生と指導教員との討論,および同研究室の大学院生を交えた議論を中心として展開する。 
教科書・参考書等 特定の教科書は使用しない。授業は,主に担当教員と受講生,ゼミ生による討論形式で進める。研究テーマに関する内外の文献は,適宜紹介する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,PC画面等の視聴覚教材 
予習・復習への
アドバイス
授業は,
1.研究テーマに基づいて調査・実験を行うまでの時期
2.調査・実験データが得られてからの時期
に大別される。
それぞれの時期において,毎回の授業では,研究の遂行・まとめに向けて問題点が残らないように,自らが抱く疑問点を解決することが重要である。
1では,予備調査・実験の遂行が大切な過程となるので,時間的余裕をもって行うことが出来るように心がけよう。手続きに関しての問題点は,即時に解決する。
2では,研究計画の立案時にあらかじめ設定した統計処理法を用いることが大切。統計ソフトの使用法や,結果の解釈に熟知できるよう,自らが統計の本で,関連する処理について予習しておくことが望ましい。結果の解釈や考察では,論理性、客観性を貫いて本文を作成しよう。 
履修上の注意
受講条件等
「第二言語習得論演習」(6セメ)を履修していることが望ましい。「日本語教育学特定研究Ⅰ」(7セメ)とあわせて履修すること。 
成績評価の基準等 研究課題の遂行度(30%),発表・討論への参加度(50%),卒論最終発表会の成果(20%)に基づき,総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 本調査や本実験の遂行においては,ゼミの同輩や先輩の協力が欠かせない。日頃からコミュニケーションを円滑にし,準備を進めていこう。研究データの統計処理や結果の考察を通じて,物事を分析的,論理的,客観的に観て把握する力を身につけよう。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ