広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC335111 科目区分 専門教育科目
授業科目名 日本語教育学特定研究I
授業科目名
(フリガナ)
ニホンゴキョウイクガクトクテイケンキュウI
英文授業科目名 Specific Study of Japanese as a Second Language I
担当教員名 松見 法男
担当教員名
(フリガナ)
マツミ ノリオ
開講キャンパス 東広島 開設期 4年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 火9-10:教員研究室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義・演習併用,学生の発表,ディスカッション 
単位 1.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 06 : 心理学
対象学生 日本語教育系コース生必修
授業のキーワード 母語習得,第二言語学習,認知と情動,心理学アプローチ,実証的研究 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
本プログラムの集大成である卒業研究(卒業論文)を完成させるための基礎的な研究能力・技能を身につけるための授業科目として位置づけられる。 
到達度評価
の評価項目
日本語教育プログラム
(総合的な力)
・個人,あるいはグループで研究・活動を立案し,効果的に実現する。
・コンピュータなどITを用いて,基礎的な情報処理や教材開発をする。 
授業の目標・概要等 母語の習得や,日本語をはじめとする第二言語の学習にかかわる心理的メカニズムを解明するための実証的研究の基礎を培う。 
授業計画 第1回 母語や第二言語の習得・学習あるいは教育に関して,受講生が自らの問題意識を明確化し,自分の興味・関心に沿った研究テーマを設定する
第2回 同上
第3回 同上
第4回 関連する国内外の先行研究を読み,未解決の問題点ならびに検討点を指摘した上で,研究の必然性を明らかにする
第5回 同上
第6回 同上
第7回 心理学研究法に根ざした調査・実験計画を立案する
第8回 同上
第9回 同上
第10回 卒論中間発表会での口頭発表を想定したレジュメならびに発表資料を作成する
第11回 同上
第12回 同上
第13回 卒論中間発表を経験し,質疑・応答で出された問題点や意見を総合して,研究計画を吟味する
第14回 同上
第15回 同上

授業は,受講生と指導教員との討論,および同研究室の大学院生を交えた議論を中心として展開する。 
教科書・参考書等 特定の教科書は使用しない。授業は,主に担当教員と受講生、ゼミ生による討論形式で進める。研究テーマに関する内外の文献は,適宜紹介する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,PC画面等の視聴覚教材 
予習・復習への
アドバイス
授業は,
1.研究テーマが決まるまでの時期
2.研究テーマが決まってからの時期
に大別される。
それぞれの時期において,毎回の授業では,何が問題なのか,何を解決すべきなのか,を明確にしておくことが望ましい。
1では,研究テーマを考えるにつれて,複数のテーマが出てきたり,研究規模の大きいものから小さいものまで登場すると思われる。テーマを絞り込む過程では,直接的・間接的にかかわる先行研究が参考になるが,先行研究にとらわれすぎると,本来のやりたかったことから遠のく可能性もある。そこでは,指導教員やゼミの先輩(大学院生)のアドバイスに耳を傾けることが重要である。
2では,内容だけでなく,採用できる方法論という点でも,広く先行研究にあたってみよう。同じようなテーマでも方法論が異なるだけで,面白い研究になることがある。 
履修上の注意
受講条件等
「第二言語習得論演習」(6セメ)を履修していることが望ましい。「日本語教育学特定研究Ⅱ」(8セメ)とあわせて履修すること。 
成績評価の基準等 研究課題の遂行度(30%),発表・討論への参加度(50%),卒論中間発表会の成果(20%)に基づき,総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 研究テーマを設定する際は、これまでの授業内容から入ると分かりやすい。先行研究については,可能であれば海外の文献にもあたり,テーマに関する最近の研究動向を的確につかもう。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ