広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC331604 科目区分 専門教育科目
授業科目名 日本語の習得と指導
授業科目名
(フリガナ)
ニホンゴノシュウトクトシドウ
英文授業科目名 Acquisition and Teaching of Japanese as a Second Language
担当教員名 畑佐 由紀子
担当教員名
(フリガナ)
ハタサ ユキコ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 火5-8:教K114
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
オンディマンド(BB9)  
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 06 : 心理学
対象学生 日本語教育系コース生選択必修
授業のキーワード 母語習得と外国語習得・教室指導と自然習得・習得要因・日本語指導,実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
この授業は、日本語を教えることと学ぶことを振り返り、日本語教育における第二言語習得研究の意味を理解し、教育実践 の場に生かすことを目的とする。日本語教育の学習者の習得過程を分析し、指導法に繋げるという点においては、「知識・ 理解」から「実践的能力・技能」へと導く役割を担う。 
到達度評価
の評価項目
日本語教育プログラム
(知識・理解)
・日本語教育の現状と課題に関する基本的な理解を得る。 
授業の目標・概要等 日本語教員養成において必要とされる教育領域のうちの「言語習得と発達」の内容を解説し、第二言語習得過程の多様性と普遍性、その原因を言語学・心理学・社会学・教育学の観点から学ぶ。さらに、研究の重要性を理解し、第二言語習得研究の日本語指導への具体 化を検討する。 
授業計画 ■第1回 ガイダンス  第二言語とは

■第2回 第二言語習得(SLA) 研究が始まる前の言語学習の考え方
■第3回 第一言語習得

■第4回 第1言語習得と第二言語習得(SLA)
■第5回 第二言語の特徴

■第6回 SLAと言語学

■第7回 SLAと心理学
■第8回 SLAと社会言語学
■第9回 SLAと教育学(個人差)
■第10回 第二言語学習に必要な要素

■第11回 教室の第二言語
■第12回 教室内第二言語習得に関する考え方 1
■第13回 教室内第二言語習得に関する考え方 2
■第14回 第二言語指導
■第15回 総括


講義に付随するレポートがあります。 
教科書・参考書等 教科書
 ライトバウン・パッツイ/スパダ・ニーナ(2014)『言語はどのように学ばれるか』 岩波書店 ISBN: 978-4-00-005328-0
大関浩美 (2010)『日本語を教えるための第二言語習得論入門』 くろしお出版
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト、配付資料、その他 
予習・復習への
アドバイス
第1回~第14回: Bb9で講義を聞いて、主張点を把握し、質問に答えておいてください。質問の回答は各テーマの修了時に提出してもらいます。提出が遅れた場合は、減点されます。
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業参加(30%)、レポート(70%)、
 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
本授業の教員は20年以上の日本語教育経験と教材開発経験を有し、その前提となる言語習得研究をしている。この授業では、学習者自身の発話を分析し母語話者と比較することによって、日本語の教科書では扱われていない言語上の問題について検討し、指導の在り方を考える。 
メッセージ 受講生の積極的な参加による双方向の授業を目指しています。学習者の日本語の習得過程の理解を通して、日本語指導の役割を考えましょう。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ