広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC327851 科目区分 専門教育科目
授業科目名 英語教育と英語文学
授業科目名
(フリガナ)
エイゴキョウイクトエイゴブンガク
英文授業科目名 English Language Education and Literature
担当教員名 小野 章
担当教員名
(フリガナ)
オノ アキラ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 木1-4:教L107
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
支援が必要な方は遠慮なく申し出てください。 
単位 2.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(英語)プログラム
(能力・技能)
・中等英語教育において、教材を分析したり研究したりすることができる 
授業の目標・概要等 英語教育内容学の観点から、英語で書かれた文学に原文で触れる。文学作品としては、世界を代表する英語文学作品であるWuthering Heights (by Emily Bronte) とSense and Sensibility (by Jane Austen) を扱う。また、音声・映像等も使用することで、多角的に文学を楽しむことも目標とする。 音読にも力を入れる。 
授業計画 第1回:イントロダクションとして,英語教育における文学の役割を考察する。
第2回:Wuthering Heightsの前半部から,代表的な個所を原文で読む。
第3回:Wuthering Heightsの前半部から,代表的な個所を原文で読む。
第4回:Wuthering Heightsの後半部から,代表的な個所を原文で読む。
第5回:Wuthering Heightsの後半部から,代表的な個所を原文で読む。
第6回:Wuthering Heightsの文学解釈に触れる。
第7回:Wuthering Heightsの教材化を考える。
第8回:音読テスト
第9回:Sense and Sensibilityの前半部から,代表的な個所を原文で読む。
第10回:Sense and Sensibilityの前半部から,代表的な個所を原文で読む。
第11回:Sense and Sensibilityの後半部から,代表的な個所を原文で読む。
第12回:Sense and Sensibilityの後半部から,代表的な個所を原文で読む。
第13回:Sense and Sensibilityの文学解釈に触れる。
第14回:Sense and Sensibilityの教材化を考える。
第15回:テスト 
教科書・参考書等 Pearson English Readers Stage 5 のWuthering Heights(平易な英語に書き換えたもの)
生協で購入のこと 
授業で使用する
メディア・機器等
DVD, CD 
予習・復習への
アドバイス
配布された原文を読んでおくこと。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業への貢献度、音読テスト、ペーパーテストにより総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ