広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC327806 科目区分 専門教育科目
授業科目名 英語教育文法
授業科目名
(フリガナ)
エイゴキョウイクブンポウ
英文授業科目名 Pedagogical English Grammar
担当教員名 西原 貴之
担当教員名
(フリガナ)
ニシハラ タカユキ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 金5-8:教L104
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
テキストや配布資料、ワークシートに基づいたディスカッションを中心に進める 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 06 : 言語学
対象学生 3年生
授業のキーワード 英文法、教育文法、文法説明、メタ言語知識、SDG_04 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(英語)プログラム
(知識・理解)
・中等英語教育の教育内容に関する基本的な知識を身につけている。
(能力・技能)
・中等英語教育の教育内容を分析したり研究したりすることができる 
授業の目標・概要等 この授業では、文型、文の種類、動詞、時制、相、態、助動詞、仮定法、不定詞、動名詞、分詞、といった文法項目について扱う。この科目を通して、高度な英文法知識を身に付けるとともに、実際に中高生に文法指導する際に何をどの程度までどのように教えるのかということについても考えていきたい。また、文法問題集を使った演習も行い、文法能力の向上も目指す。 
授業計画 第1回 文型
第2回 構文
第3回 文の種類Ⅰ(命令文)
第4回 文の種類Ⅱ(疑問文と感嘆文)
第5回 動詞
第6回 時制
第7回 相Ⅰ(進行相)
第8回 相Ⅱ(完了相)
第9回 態
第10回 助動詞Ⅰ(根源的用法と認識論的用法)
第11回 助動詞Ⅱ(様々な用法)
第12回 仮定法
第13回 不定詞
第14回 動名詞
第15回 分詞

筆記試験を行う 
教科書・参考書等 田中茂範(2015)『わかるから使えるへ 表現英文法[増補改訂版]』コスモピア
榎本恭弘(2003)『英語演習手帳 作文編』大阪教育図書 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト、副教材、配布資料 
予習・復習への
アドバイス
テキストの指定した章を読んでくること。小テストの準備をしてくること。 
履修上の注意
受講条件等
英語教育文法入門を履修していることが望ましい。 
成績評価の基準等 授業参画20%、小テスト40%、試験40% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 教授言語は日本語が中心であり、授業資料には日本語と英語の両方が用いられる。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ