広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC321005 科目区分 専門教育科目
授業科目名 英語教育方法論
授業科目名
(フリガナ)
エイゴキョウイクホウホウロン
英文授業科目名 Methodology in English Language Education
担当教員名 松浦 伸和
担当教員名
(フリガナ)
マツウラ ノブカズ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 水5-8:教K108
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 英語の教員を目指す学生
授業のキーワード 英語の指導方法、授業構成、マイクロティーチング,実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(英語)プログラム
(能力・技能)
・中等英語教育において、適切な教材や指導法を用いて円滑に授業実践ができる 
授業の目標・概要等 この授業は、英語の指導方法を研究成果や各種資料に基づいて理論的に考察し、特に思考力等の資質・能力を育成する授業の在り方について検討する。さらには、その内容を実際の指導案として作成してマイクロティーチングの形式で展開する。 
授業計画 第1回 オリエンテーション:これからの英語教育
第2回 英語科で求められる学力
第3回 知識の指導方法:語彙指導の方法
第4回 知識の指導方法:文法指導の方法
第5回 技能の指導方法
第6回 英語科における思考力・判断力の育成
第7回 縦軸学力(コミュニケーション能力)の指導方法
第8回 横軸学力(思考力等の資質・能力)の指導方法
第9回 マイクロティーチング①
第10回 授業の検討①
第11回 マイクロティーチング②
第12回 授業の検討②
第13回 マイクロティーチング③
第14回 授業の検討③
第15回 これからの英語授業の在り方

最終の時間で試験を行います。 
教科書・参考書等 新学習指導要領の展開(明治図書, 2017) 
授業で使用する
メディア・機器等
パワーポイント 
予習・復習への
アドバイス
教育実習や採用試験に直結する内容なので、特にじっくり考えた授業づくりとしっかりした復習をしてほしい。 
履修上の注意
受講条件等
教員採用試験を受験する学生は受講を強く進めます。 
成績評価の基準等 試験の成績に、作成した指導案を加えて評価します。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 学校現場での教員経験を有する教員が,その経験を活かして,英語の教員を目指す学生に対し,英語の指導法について講義する。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ