広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC313704 科目区分 専門教育科目
授業科目名 書写書道演習
授業科目名
(フリガナ)
ショシャショドウエンシュウ
英文授業科目名 Seminar on Japanese Calligraphy
担当教員名 松本 仁志
担当教員名
(フリガナ)
マツモト ヒトシ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 水5-8:教L102
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用、作業 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 04 : 芸術
対象学生  
授業のキーワード ・中学校国語科書写・行書の毛筆実技・行書の硬筆実技・書写技能の理論・書写の学習指導法 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(国語)プログラム
(知識・理解)
・中等「国語」の教育内容(〝ことば〟とその文化)に関する基本的な知識が身に付いている。
(能力・技能)
・中等「国語」の教育内容の各領域(国語学・国文学・漢文学)に関する資料・情報を収集し、読解することができる。 
授業の目標・概要等 毛筆および硬筆の実技力を高めるとともに、中学校国語教員として必要な書写の学
習指導方法に関する基本的知識を習得する。 
授業計画 第1回  オリエンテーション
      ・行書の特徴、準備物 
第2回  点画の筆脈の連続の書き方
      ・筆路、筆脈の実践化
第3回  点画の直接連続の書き方1
      ・左払いからの連続
第4回  点画の直接連続の書き方2
      ・横画からの連続
第5回  点画の終筆の変化の書き方
      ・払いを止めに
第6回  点画の省略の書き方
      ・判読可能範囲
第7回  行書に調和する仮名の書き方
      ・平仮名五十音、仮名の特徴と筆使い
第8回  行書仮名交じり文の書き方1
      ・行書と仮名の調和、5文字
第9回  行書仮名交じり文の書き方2
      ・行書と仮名の調和、6文字
第10回 行書仮名交じり文の書き方3
      ・行書と仮名の調和、小筆
第11回 行書仮名交じり文の書き方4
      ・行書と仮名の調和、書き初め
第12回 行書仮名交じり文の書き方5
      ・行書と仮名の調和、硬筆
第13回 速書練習1
      ・縦書き速書

第14回 速書練習2
      ・横書き速書
第15回 実用書式
      ・縦書きと横書き、各種書式

毎回の作業物の提出















 
教科書・参考書等 教科書:オリエンテーション時に指示する。
準備物:書写用具一式を準備すること。詳細はオリエンテーション時に指示する。
 
授業で使用する
メディア・機器等
黒板中心。 
予習・復習への
アドバイス
第1回  復習・行書の原理と視覚的特徴との関係について理解すること 

第2回  復習・筆路、筆脈の実践化の書き方を練習すること

第3回  復習・左払いからの直接連続の書き方を練習すること

第4回  復習・横画からの直接連続の書き方を練習すること

第5回  復習・払いを止めにする書き方を練習すること

第6回  復習・点画の省略の書き方を練習すること

第7回  復習・行書に調和する仮名の書き方を練習すること

第8回  復習・行書と仮名の調和のさせ方を理解すること

第9回  復習・行書と仮名を調和させながら練習すること

第10回 復習・行書と仮名を調和させながら練習すること

第11回 復習・自分で考えたことばで書き初めをすること

第12回 復習・行書と仮名を調和させて文章を書くこと

第13回 復習・縦書きで速く書くよう心がけること

第14回 復習・横書きで速く書くよう心がけること

第15回 復習・各種書式を行書および調和する仮名で書くよう心がけること
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 毎回の提出物による(100%) 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ