広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC313503 科目区分 専門教育科目
授業科目名 国語文化の歴史C(漢文学の歴史)
授業科目名
(フリガナ)
コクゴブンカノレキシC(カンブンガクノレキシ)
英文授業科目名 History of Japanese Language Culture C(History of Chinese Literature)
担当教員名 佐藤 大志
担当教員名
(フリガナ)
サトウ タケシ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 水5-6:教K114
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 05 : 文学
対象学生 H22年度以降入学生については、「中等教育科学(国語)」主専攻プログラムもしくは副専攻プログラムへの登録を受講条件とする。
授業のキーワード 漢詩文・解釈と鑑賞・教材研究 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
この授業科目は、プログラムの発展科目Ⅱとして、幅広い領域への知識を習得させ、研究開発能力を育成することを目的とする。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(国語)プログラム
(能力・技能)
・中等「国語」の教育内容領域の研究に関して、批判的に分析・検討することができる。
・〝ことば〟とその文化にそくして人間と社会および両者の関係を考え、中等「国語」教育のあり方を探求することができる。 
授業の目標・概要等 中高等学校の漢詩教材(思想・史伝・漢詩・文章)を対象として、各教材がこれまでどのように読まれてきたのかを整理・分析したうえで、各教材の問題点と教材としての価値を探る。 
授業計画 第1回 ガイダンス―演習の方法と教材分析の視点 
第2回 演習と討議・解説―思想教材の教材研究①『孟子』―
第3回 演習と討議・解説―思想教材の教材研究②『荘子』―
第4回 演習と討議・解説―思想教材の教材研究③『韓非子』―
第5回 演習と討議・解説―思想教材の教材研究④『列子』―
第6回 演習と討議・解説―史伝教材の教材研究①『十八史略』―
第7回 演習と討議・解説―史伝教材の教材研究②『史記』―
第8回 演習と討議・解説―史伝(史話)教材の教材研究③『世説新語』―
第9回 演習と討議・解説―説話教材の教材研究①『桃花源記』―
第10回 演習と討議・解説―説話教材の教材研究②『幽明録』―
第11回 演習と討議・解説―漢詩教材の教材研究①王維―
第12回 演習と討議・解説―漢詩教材の教材研究②王翰―
第13回 演習と討議・解説―文章教材の教材研究①柳宗元―
第14回 演習と討議・解説―文章教材の教材研究②欧陽脩―
第15回 まとめ

演習発表・質疑応答の内容をもとに各自に期末レポートを課す。 
教科書・参考書等 『校注唐詩解釈講座』(大修館書店)
『漢文研究の手びき』
『漢詩漢文解釈講座』(昌平社)
『研究資料漢文学』(明治書院)

 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料, 
予習・復習への
アドバイス
『漢文研究の手引き』『漢詩漢文解釈講座』などを利用して、あらかじめ作品の解釈を確認しておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
卓上版の漢和字典を毎回持参すること。 
成績評価の基準等 出席状況、演習発表、期末レポート 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ