広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC311304 科目区分 専門教育科目
授業科目名 国語科学習開発論
授業科目名
(フリガナ)
コクゴカガクシュウカイハツロン
英文授業科目名 Learning Development in Japanese Language Instruction
担当教員名 山元 隆春
担当教員名
(フリガナ)
ヤマモト タカハル
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 木1-4:教L102
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心。板書,教材提示装置を多用します。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 中・高等学校国語科教員免許状取得希望者2年生以上
授業のキーワード 言語活動、授業の方略、学習指導案、実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
中等教育科学プログラム(国語)のうち「国語」教育実践系科目に位置づく授業である。国語科教育についての基礎知識を身につけ、中等教育段階の国語科教師としての構えを身につけることを目的とする。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(国語)プログラム
(能力・技能)
・中等教育に関する資料・情報を収集し、関連したテーマにまとめ読解することができる。
(実践的能力・技能)
・中等「国語」教育の授業を分析、構想、立案し、学習指導案として作成することができる。 
授業の目標・概要等 この授業においては、主として中学校・高等学校における国語文化の学習(ことばの学び)をどのように切り開いていくのかということを、可能なかぎり多角的に探究していくことをめざしている。学習者が主体的に取り組むことのできる国語文化の学習を導く条件について、目標・内容・方法のそれぞれの面から考究を進めていきたい。 
授業計画 第1回:オリエンテーション
第2回:国語科授業をどのように構想するか
第3回:国語を学ぼうとする意欲をどのように喚起するか
第4回:国語を学ぶプログラム-国語科授業の形態-
第5回:国語科授業をデザインする(1)-学習指導案の作成-
第6回:「話すこと・聞くこと」の学びを開く教材と学習指導法
第7回:「書くこと」の学びをひらく教材
第8回:「書くこと」の学びをひらく学習指導法
第9回:「読むこと」の学びをひらく教材
第10回:「読むこと」の学びをひらく学習指導法
第11回:国語科学習指導開発の方法(1)-「発問」とは何か-
第12回:国語科学習指導開発の方法(2)-授業における「作業法」-
第13回:国語科学習指導開発の方法(3)「話し合い」の働き-
第14回:国語科学習指導開発の方法(4)-「精読」のためのワークショップ-
第15回:国語科授業をデザインする(2)-学習指導案の諸相-

学習指導案の提出を求めます(1回)。
期末試験(論述式)を実施します。 
教科書・参考書等 担当教員の配布するプリントにより講義を行う。参考書等は、授業中に適宜紹介する。
【参考書】キャロル・アン・トムリンソン著(山崎敬人ほか訳)『ようこそ、一人ひとりをいかす教室へ-「違い」をいかす教え方・学び方-』(北大路書房、2017年)
 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
毎回、授業の最後に感想や質問をカードに記入してもらい、それに対して、次回、担当教員が授業の冒頭に答えることとします。
毎時間、配布する資料は、授業終了後に再度読み直しておいてください。 
履修上の注意
受講条件等
国語の副専攻プログラムの科目ではありませんので,中・高等学校教員免許状(国語科)を取得しようとする人であれば,誰でも受講することができます。
教職を目指す者としての自覚を持ち、講義内容とその根底にあるものの見方・考え方を十分に理解してほしいと願っています。
また,疑問点については、積極的に質問してくれることを期待しています。

 
成績評価の基準等 (1)毎時間のカードの記述内容(20%)
(2)学習指導案の記述・提出とその達成度(30%)
(3)試験(50%)
これらを総合して評価する。
 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
中学校・高等学校国語科授業を5年間担当した経験のある教員が、中学校・高等学校国語科の指導法について講義する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ