広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC246713 科目区分 専門教育科目
授業科目名 社会系(地理歴史)教科指導法
授業科目名
(フリガナ)
シャカイケイ(チリレキシ)キョウカシドウホウ
英文授業科目名 Teaching Method of Geography & History Education
担当教員名 草原 和博
担当教員名
(フリガナ)
クサハラ カズヒロ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 火1-4:教K102
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード 授業分析,授業開発,授業評価・改善,実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(社会・地理歴史・公民)プログラム
(能力・技能)
・中等社会系教育のカリキュラムや教育内容を開発したり,学習指導・評価案を作成できる
(総合的な力)
・他者と協働・協力して中等教育の課題に取り組み,解決策を提案できる 
授業の目標・概要等 本授業では,教科目標と子どもの実態を踏まえて,中等社会科・地理歴史科を指導できる基礎的な知識と能力を養う。本授業は,「ケース・スタディー」に徹する。ケース・スタディーを通して,授業を「分析」し,「開発」し,「評価」するための知識と能力を総合的に育成したい。
(1)「良い社会科授業」の条件を,社会認識形成の視点から説明できる。
(2)他者の実践した「良い社会科授業」を観察し,授業を成り立たせている原則を分析できる。
(3)自分が設定した到達目標にもとづいて教材研究を行い,「良い社会科授業」を開発できる。
(4)他者と共同して既存の授業を評価し,「もっと良い社会科授業」へ修正・改善できる。 
授業計画 <なぜ地理歴史教育が存立するのか>
・第1 講:社会科の教科原理①-地理・歴史教育の存在理由
・第2 講:モデル授業の分析
・第3 講:社会科の教科原理②-どんな学力を育てるために,何を教えるか

<良い地理歴史科授業を分析する>
・第4 講:モデル授業の視聴
・第5 講:社会科の授業分析①
・第6 講:モデル授業の視聴
・第7 講:社会科の授業分析②
・第8 講:モデル授業の検討
・第8 講:社会科の授業分析③

<良い地理歴史科授業を開発する>
・第9 講:モデル教材の検討
・第10 講:社会科の授業開発①
・第11 講:モデル教材の検討
・第12 講:社会科の授業開発②
<地理歴史科授業を評価し,もっと良い授業へ改善する>
・第13 講:モデル授業改善の検討
・第14 講:社会科の授業評価
・第15 講:社会科の授業評価 
教科書・参考書等 (1)社会認識教育学会編『中学校社会科教育』『地理歴史科教育』(新版)学術図書
(2)原田智仁編『社会科教育へのアプローチ-社会科教育法-』現代教育社
(3)草原和博『地理教育内容編成論研究-社会科地理の成立根拠-』風間書房
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
授業中に指示
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 ・ ケース・スタディーの発表
・ 最終日の試験
 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
高校地理歴史科の指導経験のある教員が,地理歴史科の指導法について講義する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ