広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC241204 科目区分 専門教育科目
授業科目名 倫理学概説
授業科目名
(フリガナ)
リンリガクガイセツ
英文授業科目名 Ethics
担当教員名 畠中 和生
担当教員名
(フリガナ)
ハタケナカ カズオ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 水5-8:教L104
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、プリント資料を使用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 02 : 倫理学
対象学生  
授業のキーワード 中学校社会、高等学校公民、倫理、モラル、倫理学、倫理教育 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
基礎科目の1つの領域として倫理学に関する基礎的基本的な知識・理解、能力・技能を習得することができるために、倫理学に関する教材内容研究を提供する。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(社会・地理歴史・公民)プログラム
(知識・理解)
・中等社会系公民領域の教育内容に関する基本的な知識が身に付いている
(能力・技能)
・社会系内容領域の資料・データを収集・読解し,分析・批評できる 
授業の目標・概要等 倫理・モラルという言葉や概念の使用法はきわめて多様であり、一義的に規定することはむずかしい。にもかかわらず、倫理・モラルという概念抜きでは今日の社会的諸問題について語れないほど、いわばキーワードとなっています。この授業では倫理思想史、メタ倫理学、規範倫理学、応用倫理学の視点から、倫理・モラルを研究する倫理学の基本的な問題意識と研究方法の構造を考察するとともに、社会認識教育および倫理教育(道徳教育)における教材研究・教材開発能力の習得をめざします。 
授業計画 第1回 ガイダンス(倫理学について)
第2回 倫理思想史概説(古代ギリシアの思想)
第3回 倫理思想史概説(キリスト教の思想)
第4回 倫理思想史概説(仏教の思想)
第5回 倫理思想史概説(中国の思想、その他)
第6回 現代倫理理論(規範倫理学について)
第7回 現代倫理理論(功利主義)
第8回 現代倫理理論(義務論)
第9回 現代倫理理論(規範倫理学についての考察)
第10回 現代社会と倫理(現代人の倫理イメージをめぐって)
第11回 現代社会と倫理(個人主義的自由主義について)
第12回 応用倫理学(事例研究、生命倫理など)
第13回 応用倫理学(事例研究、情報倫理など)
第14回 宗教教育の可能性(宗教教育の種類等)
第15回 宗教教育の可能性(宗教教育の可能性の考察)

中学校社会・高等学校公民で扱う教材に関連して、倫理の内容を解説し、倫理教材開発への方途を考察します。授業内容はつぎのとおり。

【1】ガイダンス(第1回倫理学について)
【2】倫理思想史概説(第2回古代ギリシアの思想、第3回キリスト教の思想、第4回仏教の思想、第5回古代中国の思想)。
倫理・道徳を形成する東西思想の源流をたどり、その要点を概説します。
【3】現代倫理理論の研究(第6回序論、第7回功利主義ほか、第8回義務論ほか、第9回徳倫理学ほか)。
哲学的倫理学の基本的思考を養うために、メタ倫理理論と規範倫理理論について概説します。
【4】応用倫理学研究(第10回現代社会と倫理、第11回個人主義的自由主義、第12回応用倫理の事例研究、第13回応用倫理の事例研究)。
倫理について具体的事例に即して考えます。倫理教育の内容である「現代に生きる人間の倫理」にかかわる問題として、今回は、①まず、現代社会において「倫理」「モラル」とは何であるかを考察し、現代倫理学の基軸といわれることもある「個人主義的自由主義」について概説します。②生命倫理(バイオエシックス)の諸問題を具体的事例として取り上げます。時間の制約上網羅的に取り上げられませんが、これまでは、たとえば、クローン技術の倫理問題、遺伝子技術の倫理問題などを題材に授業を進めています。③その他。
【5】宗教教育の可能性を考える(第14回宗教教育の種類等、第15回宗教教育の可能性) 
教科書・参考書等 プリント資料を利用し、講義形式で行います。
時間に余裕があれば、ビデオ・DVDも使用します(1回につき、10分から25分)
参考文献については、授業中に適宜指示します。
 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
1つのテーマが終了後に、授業アンケート用紙で授業内容についての感想等を報告してもらいます。質問がある場合も、これに記入してください。授業中にできるだけ早く答えるつもりです。
さらに勉強したい人は、配布資料に掲載の参考文献を利用してください。 
履修上の注意
受講条件等
教科に関する科目:社会(「哲学,倫理学,宗教学」),公民(「哲学,倫理学,宗教学,心理学」)

内容等についてのアンケート(質問や意見など記入)を実施します(数回)。 
成績評価の基準等 授業アンケート、筆記試験、レポートを総合して評価します。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 倫理学研究および倫理教育に関心のある学生を歓迎します。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ