広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC231703 科目区分 専門教育科目
授業科目名 情報システム概論
授業科目名
(フリガナ)
ジョウホウシステムガイロン
英文授業科目名 Introduction to Information Systems
担当教員名 渡辺 健次
担当教員名
(フリガナ)
ワタナベ ケンジ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火5-8:教C310
授業の方法 講義・実習 授業の方法
【詳細情報】
講義および演習
非対面(いわゆる遠隔授業)で行います。
初回の講義(4/21)までに、各自のスマホとパソコンにMicrosoft Teamsをインストールして、広大のメールアドレスと広大パスワードでログインしておいてください。 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 02 : 情報科学
対象学生 原則的に他学部生の受講は認めない。
授業のキーワード コンピュータ、コンピュータアーキテクチャ、オペレーティングシステム 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
情報システムを理解することにより、情報教育の内容領域の知識を獲得する。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(技術・情報)プログラム
(知識・理解)
・情報処理に関する知識が身に付いている
(能力・技能)
・情報処理に関する制作活動を行うことができる 
授業の目標・概要等 高等学校の普通教科「情報」における「情報の科学的な理解」に必要な情報システムについて、普遍的概念と実現技法を中心に講述する。 
授業計画 第1回 コンピュータとは
第2回 コンピュータアーキテクチャ(5大装置)
第3回 コンピュータアーキテクチャ(CPUの動作)
第4回 コンピュータアーキテクチャ(記憶装置)
第5回 コンピュータアーキテクチャ(演習問題)
第6回 コンピュータアーキテクチャ実習
第7回 オペレーティングシステム(OSの機能)
第8回 オペレーティングシステム(プロセス処理)
第9回 オペレーティングシステム(メモリー管理)
第10回 オペレーティングシステム(入出力制御)
第11回 オペレーティングシステム(ファイル管理)
第12回 オペレーティングシステム(演習問題)
第13回 オペレーティングシステム実習(Linuxのインストール準備)
第14回 オペレーティングシステム実習(Linuxのインストール)
第15回 まとめ

毎回の講義終了後にミニットペーパー方式のレポートを課す
期末試験を実施する。記述式、持込不可 
教科書・参考書等 「ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習」IPUSIRON 著(翔泳社) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト 
予習・復習への
アドバイス
キーワードを記します。

第1回 コンピュータと社会、コンピュータの歴史、コンピュータの概要
第2回 コンピュータの5大装置
第3回 CPUの動作
第4回 記憶装置
第5回 (演習問題)
第6回 OSの誕生、OSの歴史、プロセス管理、メモリ管理と仮想記憶管理、入出力制御、ファイル管理
第7回 OSの機能
第8回 プロセス処理
第9回 メモリー管理
第10回 入出力管理
第11回 ファイル管理
第12回 (演習問題)
第13回 Virtual BoxとLinux
第14回 インストール作業
第15回 まとめ
 
履修上の注意
受講条件等
多岐にわたる内容であり、毎回の内容の積み重ねとなる講義であるので第 1 回から終りまで休まず出席すること。多くの板書を行うので、ノートに筆記することで、理解を深めること。 
成績評価の基準等 期末テスト:70%
レポート:30% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ