広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC231002 科目区分 専門教育科目
授業科目名 情報活用概論II
授業科目名
(フリガナ)
ジョウホウカツヨウガイロンII
英文授業科目名 Introduction to Information Applications II
担当教員名 渡辺 健次
担当教員名
(フリガナ)
ワタナベ ケンジ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 水9-10:教L206
授業の方法 講義・実習 授業の方法
【詳細情報】
演習
非対面(いわゆる遠隔授業)で行います。
初回の講義(4/15)までに、各自のスマホとパソコンにMicrosoft Teamsをインストールして、広大のメールアドレスと広大パスワードでログインしておいてください。 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 10 : 総合工学
対象学生 原則的に他学部生の受講は認めない。
授業のキーワード プログラミング、Scratch 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
情報技術の基礎となるプログラミング技術を習得する。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(技術・情報)プログラム
(知識・理解)
・情報処理に関する知識が身に付いている
(能力・技能)
・情報処理に関する制作活動を行うことができる 
授業の目標・概要等 技術・情報の基礎となるプログラミング技術を習得する。Scratchにより実際に動くプログラムを作成する体験を通して、制御構造、変数、関数などの基礎的なプログラミング技術を習得し、他の科目の学習の基礎を築く。 
授業計画 第1回 オリエンテーション、タイピング
第2回 キーボードでの操作
第3回 アニメーション、座標の活用
第4回 乱数と複製、メッセージの活用
第5回 音とBGM、アニメーションの追加
第6回 スコアと状態の保存、ハイスコアの記録
第7回 三角関数の利用
第8回 タイピングテスト
第9回 作成する教材のテーマ設定
第10回 教材の流れ設計
第11回 コーディング
第12回 デバッグ
第13回 試用とフィードバック
第14回 プレゼンテーション作成
第15回 プレゼンテーションとフィードバック

毎回の講義の終わりにレポートを課します。

毎回自分のPCを持参してください。 
教科書・参考書等 Scratchではじめよう! プログラミング入門 Scratch 3.0版(日経BP社)
ISBN 4822286258
定価: 2,090円 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
キーワードを記します。

第1回 Scratchとは、e-typing
第2回 キーボードでの操縦
第3回 アニメーションのスクリプト、座標を使ったスクリプト
第4回 乱数と複製、マルチスレッドプログラミング
第5回 音を扱うスクリプト、高度なアニメーション
第6回 変数、最大値
第7回 三角関数のスクリプト
第8回 e-typing
第9回 教材の考案
第10回 アルゴリズムの検討
第11回 コーディング
第12回 デバッグ
第13回 テストとフィードバック
第14回 PowerPoint作成
第15回 開発したプログラムについての発表および評価と反映 
履修上の注意
受講条件等
多岐にわたる内容であり、毎回の内容の積み重ねとなる演習であるので第 1 回から終りまで休まず出席すること。 
成績評価の基準等 レポート100% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 自分の頭で考えたことをプログラムして、考えた通りにコンピュータが動くと嬉しいです。嬉しさをたくさん味わってください。 
その他 ティーチングアシスタント:石川有彩 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ