広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC220304 科目区分 専門教育科目
授業科目名 数学教育学概論II
授業科目名
(フリガナ)
スウガクキョウイクガクガイロンII
英文授業科目名 Introduction to Mathematics Education II
担当教員名 小山 正孝
担当教員名
(フリガナ)
コヤマ マサタカ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 水5-8:教L205
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
非対面授業(オンラインBb9等) 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 第二類数理系コース生必修
授業のキーワード 数学科目標論,数学科内容構成論,数学科授業論,数学科学習指導理論,数学科評価論,数学科模擬授業 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
数学プログラム専門基礎科目の1つの領域として数学教育方法学に関する基礎的・基本的な知識を理解するとともに,数学教育学概論Ⅰに引き続いて数学科教員としての基礎的能力の育成を図るために,数学教育学概論Ⅱを提供する。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(数学)プログラム
(知識・理解)
・数学教育の方法に関する基本的な知識を理解する。
(能力・技能)
・数学教育の原理や方法に関する文献や資料を収集し,読解したり分析したりすることができる。 
授業の目標・概要等 授業の目標
 中学校数学科並びに高等学校数学科における教育目標,育成を目指す資質・能力を理解し,学習指導要領に示された数学科の学習内容について背景となる学問領域と関連させて理解を深めるとともに,様々な学習指導理論を踏まえて具体的な授業場面を想定した授業設計を行う方法を身に付ける。
授業の到達目標(教職課程コアカリキュラム対応表)
(1)学習指導要領に示された数学科の目標や内容を理解する。
 1)学習指導要領における数学科の目標及び主な内容並びに全体構造を理解している。
 3)数学科の学習評価の考え方を理解している。
(2)基礎的な学習指導理論を理解し,具体的な授業場面を想定した数学科の授業設計を行う方法を身に付ける。
 1)子供の認識・思考,学力等の実態を視野に入れた授業設計の重要性を理解している。
 3)学習指導案の構成を理解し,具体的な数学科の授業を想定した授業設計と学習指導案を作成することができる。
 4)数学科の模擬授業の実施とその振り返りを通して,授業改善の視点を身に付けている。
 5)数学科における実践研究の動向を知り,授業設計の向上に取り組むことができる。
広島大学到達目標型教育プログラムにおける到達目標
観点「知識・理解」:数学教育の理論や方法に関する基本的な知識を理解する。
観点「知的能力・技能」:数学教育の理論や方法を基に,数学科授業を観察し分析したり,数学科授業を構成し実践したりすることができる。
授業の概要
中学校並びに高等学校学習指導要領や数学科における実践研究を踏まえて,数学科における目標論,内容構成論,授業論,学習指導理論や評価論について考究するとともに,数学科の授業の観察・分析や学習指導案の作成を行い,数学科の模擬授業を実施し省察する。
授業のテーマ
数学科目標論,数学科内容構成論,数学科授業論,数学科学習指導理論,数学科評価論,数学科模擬授業 
授業計画 第1回:数学科の目標論
 本授業の概要と到達目標を把握する。そのうえで,中学校並びに高等学校学習指導要領に示された目標について知り,資質・能力の三つの柱で整理された数学科において育成を目指す生徒の資質・能力を理解する。
第2回:数学科の内容構成論
 中学校並びに高等学校学習指導要領に示された内容とその構成,数学的な見方・考え方について知り,数学科の内容並びに全体構造を理解する。
第3回:数学科の授業論(1)授業の構成要素と教授学習原理
数学科の授業とは何かを,目標,生徒,教師,教材の4つの構成要素を視点として捉え,授業設計と授業観察の視点を明確にする。また,数学科における教授学習原理について知り,それについて中学校・高等学校の数学の教材を例にして考察し理解する。
第4回:数学科の授業論(2)授業の相と学習理論
 数学科の授業の知識,技能,問題解決,問題設定の各相とそれらに関連する学習理論について知り,それらを中学校・高等学校の具体的な数学の教材を例にして理解する。
【課題レポート1】 数学科の目標と内容,数学科授業の構成要素と相を踏まえて,中学校・高等学校の具体例を挙げて数学科授業の在り方について提案する。
第5回:課題レポート1の評価と討論
 課題レポート1の評価を踏まえて,各自が考えた数学科授業の在り方についてアイディアを共有したり問題点についてより深く考えたりすることを通して,具体的な授業場面を想定した数学科の授業設計を行う方法を身に付ける。
第6回:数学科の学習指導理論(1)生徒の学習達成度と指導上の留意点
全国学力・学習状況調査(数学)やPISA調査,TIMSS調査の結果から生徒の数学科学習の実態を知り,生徒の認識・思考,学力等の実態を視野に入れた授業設計と学習指導の重要性を理解する。
第7回:数学科の学習指導理論(2)数学的問題解決の学習指導
 数学的問題解決の学習指導として,数学的問題解決と数学的問題設定について知り,数学的な見方・考え方を働かせ,数学的活動を通して,主体的で対話的な深い学びを実現するための数学科の学習指導について考える。
第8回:数学科の評価論
 数学科における評価の意義・機能や方法について知り,指導と評価の一体化という数学科の評価の考え方を理解し,数学科授業における評価規準や評価方法について具体的に考える。
第9回:数学科授業の実際(1)中学校数学科授業
 中学校の数学科授業のDVDを視聴し,授業観察記録をとって分析することによって,中学校の数学科授業の在り方とその具体化について考え,具体的な授業場面を想定した数学科の授業設計を行う方法を身に付ける。
第10回:数学科授業の実際(2)高等学校数学科授業
 高等学校の数学科授業のDVDを視聴し,授業観察記録をとって分析することによって,高等学校の数学科授業の在り方とその具体化について考え,具体的な授業場面を想定した数学科の授業設計を行う方法を身に付ける。
第11回:数学科授業の設計
 数学科の学習指導案の構成を理解し,数学科授業の在り方とその具体化について討論することを通して,中学校・高等学校の数学科授業の学習指導案を作成することができるようになる。
【課題レポート2】 数学科の授業論,学習指導理論,評価論に基づいて,中学校・高等学校における数学科単元計画と数学科学習指導案を作成する。
第12回:課題レポート2の評価と討論
 課題レポート2の評価を踏まえて,数学科における実践研究の動向を知り,各自が考えた数学科学習指導案で工夫した点についてアイディアを共有したり問題点についてより深く考えたりすることを通して,具体的な数学科の授業を想定した授業設計の向上に取り組むことができるようになる。
第13回:数学科模擬授業の実施(1)中学校数学科授業
 作成した学習指導案を基に中学校数学科の模擬授業を実施し,中学校数学科の教員に求められる基礎的な実践力を身に付ける。
第14回:数学科模擬授業の実施(2)高等学校数学科授業
 作成した学習指導案を基に高等学校数学科授業の模擬授業を行い,高等学校数学科の教員に求められる基礎的な実践力を身に付ける。
第15回:数学科模擬授業の省察
 中学校・高等学校の数学科授業の模擬授業を省察し,授業改善の視点を身に付け,生徒の主体的で対話的な深い学びが実現できるよう数学科授業を改善することができるようになる。

課題レポート
 課題レポートにより,中学校並びに高等学校学習指導要領に示された数学科の目標や内容の理解と,数学科の授業設計や学習指導について考える能力を評価する。 
教科書・参考書等 教材:適宜,プリントを配布する。
教科書:
中学校学習指導要領(平成29年3月告示 文部科学省)
中学校学習指導要領解説 数学編(平成29年7月 文部科学省)
高等学校学習指導要領(平成30年3月告示 文部科学省)
高等学校学習指導要領解説 数学編(平成30年7月 文部科学省)
高等学校学習指導要領解説 理数(平成30年7月 文部科学省)
小山正孝編著『教師教育講座第14巻 中等数学教育』,協同出版.
参考書:
数学教育学研究会編『新訂数学教育の理論と実際』,聖文新社
日本数学教育学会編『学校数学の授業構成を問い直す』,産業図書
中原忠男編『算数・数学科重要用語300の基礎知識』,明治図書
中学校・高等学校数学科授業DVD(本数2,1回の上映時間50分)
数学科学習指導案と数学科授業観察録 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(DVD/PC)
必携PC
DVD使用(本数2;1回の上映時間50分) 
予習・復習への
アドバイス
第1回終了後
 講義の概要を確認し,目標を明確にした上で,教科書や参考書を入手する。
第2回から第5回終了後
 講義の内容を復習し,内容を確認するとともに,疑問点などを明らかにする。それを基に,教科書や参考書を読んで,考える。
【課題レポート1】
 各自,国内外の数学達成度調査の結果について調べ,生徒の数理認識に関わる数学教育方法上の問題点を整理し,それらを克服するための方策を考える。
第6回終了後
 返却された課題レポートの評価を検討し,討論を参考にして,自己の課題を明確にする。
第7回から第11回終了後
 講義の内容を復習し,内容を確認するとともに,疑問点などを明らかにする。それを基に,教科書や参考書を読んで,考える。
【課題レポート2】
 各自,数学学習の理論や数学理解のモデルについての文献や中・高等学校の数学科教科書を調べ,中・高等学校における具体的な教材を1つずつ決めて,その学習指導の方法について考える。
第12回終了後
 返却された課題レポートの評価を検討し,討論を参考にして,自己の課題を明確にする。
第13回から第15回終了後
 講義の内容を復習し,内容を確認するとともに,疑問点などを明らかにする。また,期末試験に備えて講義内容や課題レポートの復習をする。
第16回終了後
 期末試験結果を検討し,自己の学習の過程と成果を反省することによって,これからの学習課題を確認するとともに,それを克服するための方策を考える。 
履修上の注意
受講条件等
教科の指導法(数学)
「数学教育学概論I」を受講していることが望ましい。 
成績評価の基準等 授業の成績は,課題レポートによって評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ