広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC215010 科目区分 専門教育科目
授業科目名 自然環境・防災学習論
授業科目名
(フリガナ)
シゼンカンキョウ・ボウサイガクシュウロン
英文授業科目名 Education of Natural Environment and Disaster Prevention
担当教員名 吉冨 健一,富川 光,網本 貴一
担当教員名
(フリガナ)
ヨシドミ ケンイチ,トミカワ コウ,アミモト キイチ
開講キャンパス   開設期 4年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 金9-10:教C320
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、ディスカッション 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード 資源の活用、リサイクル、生物資源、自然災害、持続可能な社会, SDGs_4 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(理科)プログラム
(知識・理解)
・中等理科科目(物理,化学,生物,地学)の教育内容に関する基本的な知識について理解を深め,その内容を説明することができる。
(能力・技能)
・中等理科教育の内容(観察・実験等を含む)を分析・検討した結果を踏まえて,授業設計と教材開発を行うことができる。 
授業の目標・概要等 自然との共生や持続可能な開発という現代社会が抱える大きな課題に対して,理科・科学教育の立場からどのように取り組めばいいかを考察するための科学的および社会的背景について解説する。具体的には,自然環境学習のあり方と内容,防災リテラシー,教育における取り組みとしてのESDなどについて論ずる。 
授業計画 第1回:理科(化学)における安全教育 (網本)
第2回:化学と環境・エネルギー問題1|環境の側面から (網本)
第3回:化学と環境・エネルギー問題2|エネルギーと物質の側面から (網本)
第4回:社会の持続的発展のために化学ができること1|グリーン・サステイナブル・ケミストリー(GSC) (網本)
第5回:社会の持続的発展のために化学ができること2|持続可能な開発のための教育(ESD)と持続可能な開発目標(SDGs) (網本)
第6回:自然災害と防災へのとりくみ|火山災害 (吉冨)
第7回:自然災害と防災へのとりくみ|地震災害 (吉冨)
第8回:自然災害と防災へのとりくみ|津波災害 (吉冨)
第9回:自然災害と防災へのとりくみ|花崗岩と土砂災害 (吉冨)
第10回:自然災害と防災へのとりくみ|大雨による土砂災害 (吉冨)
第11回:生物の多様性と生物資源1 (富川)
第12回:生物の多様性と生物資源2 (富川)
第13回:生物の多様性と生物資源3 (富川)
第14回:生物の多様性と生物資源4 (富川)
第15回:生物の多様性と生物資源5 (富川)

レポート作成

 
教科書・参考書等 適宜、教材を配布したり参考書等を紹介する。
パソコン、OHP及びビデオ等を使用する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
オムニバス形式(3テーマ)の授業なので,各テーマごとに予習・復習を行いレポートの作成に備えること。 
履修上の注意
受講条件等
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため,本年度に限り本授業の受講者については下記の取り扱いとする。
・受講者数の上限を制限することがあります。
・その場合、受講者の優先順位を次の通りとし,上限を超えるものについては抽選とする。
1.自然系コースの学生,2.再履修の自然系コースの学生,3.教員免許状(理科)の取得を希望する学生(4,3,2,1年生の順)
・マスクを着用して受講すること。 
成績評価の基準等 出席状況及び各担当教官から示された課題について提出されたレポート等をもとに総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ