広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC214806 科目区分 専門教育科目
授業科目名 生物教材内容実験
授業科目名
(フリガナ)
セイブツキョウザイナイヨウジッケン
英文授業科目名 Laboratory Work in Biology Education
担当教員名 竹下 俊治,富川 光
担当教員名
(フリガナ)
タケシタ シュンジ,トミカワ コウ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 金1-4:教C108
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業、薬品使用 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 教育学部自然系コース3年次生
授業のキーワード 生物学実験,実験観察,野外実習,教材開発,分類,生態,生物多様性,SDG_04, SDG_14, SDG_15 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 専門科目であるため,中等理科内容領域の実験・観察技能の習得と実験・観察に関わる教材開発能力の修得を目的とする。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(理科)プログラム
(総合的な力)
・個人,あるいはグループにおいて,研究・活動を企画・立案し,効果的に実行することができる(研究力)。 
授業の目標・概要等 理科プログラムの専門科目であり,理科の内容のうち特に生物に関わる実験・観察技能を学び,実験・観察に関わる教材を開発する能力を養う。 
 
授業計画 第1回 ガイダンス,減数分裂の観察
 トノサマバッタのオスを用い,減数分裂過程の観察を行う。
第2回 植生調査(1)
 校舎に隣接する森林で植生調査を行うため,まず木本類を分類する。
第3回 植生調査(2)
 最小面積の測定,ベルトトランセクト法,コドラート法により植生の評価を行う。
第4回 植物の解剖(1)
 植物一個体を茎頂から根端まで解剖学的に観察する。
第5回 植物の解剖(2)
 前回から継続
第6回 植物の解剖(3)
 高等植物をコケ類や地衣類と解剖学的に比較する。
第7回 付着藻類の観察
 河川の付着藻類を採取し,水質と種組成の関係について考察する。
第8回 土壌細菌の培養
 様々な環境で採取した土壌細菌を培養する。
第9回 土壌細菌の観察
 培養によって得られた土壌細菌を観察する。
第10回 DNAの抽出
 動植物のDNAを簡易法により抽出する。
第11回 アルコール発酵
 酵母によるアルコール発酵の働きを確かめる。
第12回 脱水素酵素の働き
 コハク酸脱水素酵素の働きを確かめる。
第13回 タンパク質の分析
 電気泳動法によりタンパク質を分析する。
第14回 課題研究(1)
 各自の計画に基づいて実験を行い,改良点について検討する。
第15回 課題研究(2)
 各自の研究成果を発表する。 
教科書・参考書等 必要に応じて資料を配付する。 
授業で使用する
メディア・機器等
デジタルカメラ,ノートパソコンがあると良い。 
予習・復習への
アドバイス
予習
 各回とも,実験で扱われる生物について形態的・生態的特徴等だけでなく,実験方法についても予習しておくこと。
第1回 減数分裂について調べておく。
第2回 植物,特に木本類の種類を図鑑などで調べておく。
第3回 代表的な植生調査法について調べておく。
第4回 植物の各部の構造について調べておく。
第5回 植物の各部の構造について調べておく。
第6回 コケ,地衣植物の構造について調べておく。
第7回 藻類,特に珪藻と緑藻について調べておく。
第8回 土壌細菌および細菌の培養方法について調べておく。
第9回 土壌細菌および細菌の培養方法について調べておく。
第10回 DNAについて調べておく。
第11回 アルコール発酵について調べておく。
第12回 脱水素酵素について調べておく。
第13回 タンパク質および電気泳動の仕組みについて調べておく。
第14回 課題研究の題材を考え,実験方法について調べておく。
第15回 課題研究の成果や問題点についてまとめる.


復習
 実験後は,行った実験について材料や方法に改良点はないか,他の方法で同様の実験を行えないかなどを検討してレポート中にまとめておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
野外実習が可能な服装で受講すること。自然システム理解実験(生物),生物とその多様性のリテラシーI・IIを履修していることが望ましい。
実験器具の都合上,受講生の受け入れは20名程度とする。 
成績評価の基準等 実験態度およびレポートにより判定する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ