広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC214106 科目区分 専門教育科目
授業科目名 地学教材内容論III
授業科目名
(フリガナ)
チガクキョウザイナイヨウロンIII
英文授業科目名 Teaching Contents of Earth Science III
担当教員名 林 武広,吉冨 健一
担当教員名
(フリガナ)
ハヤシ タケヒロ,ヨシドミ ケンイチ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 水7-10:教C320
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心で行い,演習も含む。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
プログラム発展科目であるため,中等理科内容領域の専門的な知識の習得と理解を目的とする。「知識・理解4」に関する学習の成果が期待される。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(理科)プログラム
(知識・理解)
・中等理科科目(物理,化学,生物,地学)の教育内容に関する基本的な知識について理解を深め,その内容を説明することができる。
(能力・技能)
・中等理科教育の内容(観察・実験等を含む)を分析・検討した結果を踏まえて,授業設計と教材開発を行うことができる。 
授業の目標・概要等 中学校,高等学校理科のうち,特に天文内容に関する専門的知識及び教材・教具への理解を深め,併せて天体観測技能や指導法の習得を図る。 
授業計画 第1回 天体学習の課題,天体観測の意義,天体ソフトの活用
第2回 月の運動と位相,惑星の運動と位相
第3回 惑星の運動と位相
第4回 惑星の運動と万有引力,惑星各論
第5回 恒星としての太陽
第6回 太陽黒点の観察と自転
第7回 太陽のエネルギーと表面温度の見積もり
第8回 太陽のエネルギーの収支と地球環境
第9回 天体座標と立体投影1
第10回 天体座標と立体投影2
第11回 天体望遠鏡の仕組みと天体座標の活用
第12回 恒星の世界:HR図,星の明るさ,スペクトル,距離1
第13回 恒星の世界:HR図,星の明るさ,スペクトル,距離2
第14回 宇宙の広がり,星雲・星団,銀河
第15回 天体学習の今後  まとめ

中間試験,期末試験及び演習課題を予定しています。

講義終了後に天体観測を行う場合があります。 
教科書・参考書等 プリントを配布する.教科書は指定しない。
参考書:スクェア最新図説地学 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(PC:パワーポイント)天体望遠鏡 
予習・復習への
アドバイス
第1回 講義内容と学習課題の確認
第2回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第3回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第4回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第5回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第6回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第7回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第8回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第9回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第10回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第11回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第12回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第13回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第14回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読
第15回 授業内容の確認と配布プリント・参考書の精読および授業内容全体の振り返り
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 演習課題と中間・期末試験の合計点で評価する。「知識・理解」が主な授業であるため,成績評価がそのまま,達成度となる。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ