広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC212202 科目区分 専門教育科目
授業科目名 力とエネルギーのリテラシーI
授業科目名
(フリガナ)
チカラトエネルギーノリテラシーI
英文授業科目名 Scientific Literacy of Physics I
担当教員名 梅田 貴士
担当教員名
(フリガナ)
ウメダ タカシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火3-4,金5-6:教L202
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
毎回、力学の内容に関する課題が与えられ、学生同士で協力し合いながら課題の達成を目指す形式で授業を進める。 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
プログラム専門科目であるため,中等理科内容領域の専門的な知識の習得と理解を目的とする。物理の教育内容のうち,力学・波動に関する知識・理解に関する学習の成果が期待される。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(理科)プログラム
(知識・理解)
・中等理科科目(物理,化学,生物,地学)の教育内容に関する基本的な知識について理解を深め,その内容を説明することができる。 
授業の目標・概要等 理科プログラムの専門科目であり,理科の教科のうち特に物理の内容に特化して,専門的な知識を学び,理解する。 
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 運動の法則(ニュートンの運動の法則、ガリレイの相対性原理)
第3回 運動の法則(慣性質量と重力質量、物理学における等号について)
第4回 粒子の簡単な運動(運動方程式とその解、重力のもとでの粒子の放物運動)
第5回 粒子の簡単な運動(調和振動子)
第6回 粒子の簡単な運動(円周上の粒子の運動)
第7回 万有引力(ケプラーの法則と万有引力、海王星の発見、潮汐)
第8回 エネルギー保存則(仕事、運動エネルギー)
第9回 エネルギー保存則(力学的エネルギーの保存則)
第10回 角運動量保存則(ベクトル積、中心力と角運動量保存則)
第11回 多粒子系の力学(運動量保存則、2粒子系の角運動量保存則とエネルギー保存則)
第12回 連続体の力学(弦の振動)
第13回 解析力学の考え方
第14回 グループワーク1
第15回 グループワーク2

期末試験を行う 
教科書・参考書等 使用テキスト:力学の考え方 ー物理の考え方1ー(砂川重信、岩波書店) 
授業で使用する
メディア・機器等
必携PC 
予習・復習への
アドバイス
毎回の課題について授業前に予習をしておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
「自然システムの理解(物理)」を受講していることが望ましい。 
成績評価の基準等 毎回の課題に対する到達度と期末試験の結果により成績を評価する。
詳細は初回のガイダンスを参考にすること。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 学生同士の学び合いにより授業を進めます。
主体的で協同的な学習となることを期待します。
必携 PC を持参すること 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ