広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC211113 科目区分 専門教育科目
授業科目名 自然システム理解実験(生物)
授業科目名
(フリガナ)
シゼンシステムリカイジッケン(セイブツ)
英文授業科目名 Practical Work in Biology
担当教員名 富川 光,竹下 俊治
担当教員名
(フリガナ)
トミカワ コウ,タケシタ シュンジ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 水5-8:教C108
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
顕微鏡観察、スケッチ、コンピュータ活用を主とした実験実習を行う。軽作業および薬品使用をともなう。 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 教育学部自然系コース2年次生ほか
授業のキーワード 生物学実験,SDG_04 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 理科プログラムの専門基礎科目であり,理科の内容のうち生物に関わる基礎的・基本的な観察・実験の技能を習得し,また,生物の基礎的・基本的な内容を観察・実験を通して吟味・検討する能力を養う。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(理科)プログラム
(能力・技能)
・中等理科教育の内容に関わる自然科学の基礎的・基本的な観察・実験,およびコンピュータを用いた処理を行うことができる。 
授業の目標・概要等 身近な動植物を教材とし,中学校理科および高等学校生物の教師として必要とされる基礎的な実験観察技能の習得を目標とする。コンピュータ活用を含む。  
授業計画 第1回 ガイダンス,安全教育,スケッチ法
第2回 光学顕微鏡の使用法,細胞の観察
第3回 水中の微生物
第4回 花の構造
第5回 蘚苔類,シダ類,裸子植物
第6回 植物の葉・気孔
第7回 植物の組織(根・茎)
第8回 原形質流動
第9回 体細胞分裂
第10回 節足動物
第11回 魚類
第12回 盲点の測定,刺激に対する反応
第13回 酵素のはたらき
第14回 呼吸
第15回 光合成 
教科書・参考書等  参考資料としてプリントを配布する。
 生物科学実験法(福田他著,東京教学社),生物観察実験ハンドブック(今堀他編,朝倉書店)など 
授業で使用する
メディア・機器等
デジタルカメラ,ノートパソコンがあると良い。 
予習・復習への
アドバイス
予習
 第1回 中学・高等学校で行われる生物に関する実験について目を通しておく。
 第2回 光学顕微鏡の使用法について予習しておく。
 第3回 淡水中の微生物について,種類,生態など調べておく。
 第4回 被子植物および裸子植物の花の基本的構造について調べておく。
 第5回 蘚苔類,シダ類,裸子植物の特徴について調べておく。
 第6回 植物の葉や気孔の構造について調べておく。
 第7回 植物の組織(根・茎),中心柱について調べておく。
 第8回 原形質流動の観察法について調べておく。
 第9回 動植物の体細胞分裂過程について調べておく。
 第10回 節足動物の形態的特徴について調べておく。
 第11回 魚類の形態的特徴について調べておく。
 第12回 人の感覚器官および反射について調べておく。
 第13回 アミラーゼおよびカタラーゼについて調べておく。
 第14回 呼吸の各過程について調べておく。
 第15回 光合成の各過程について調べておく。
復習
 各回とも,実験後はその日に行った実験について,実験材料や方法に改良点はないか,他の方法で同様の実験を行えないか,または行った事例はないかなどを検討してレポート中にまとめておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
・2年生については,自然システム理解実験(生物)および(地学)の受講希望者を2グループに分け,一方が第1タームに生物,第2タームに地学を履修し,他方は第1タームに地学,第2タームに生物を履修するものとする。3年生以上については,各自の都合に合わせて履修登録すること。
・4月9日までに履修登録を完了すること。
・履修登録完了後,グループ分けの結果をメールで知らせるので,第1回目から各々のグループの実験室へ集合すること。
・自然システムの理解(生物)を履修していることが望ましい。
注:新型コロナウィルス感染症拡大防止のため,本年度に限り本授業の受講者については下記の取り扱いとする。
・受講者数の上限を20名とする。
・受講者の優先順位を次の通りとし,上限を超えるものについては抽選とする。
1.自然系コースの学生,2.再履修の自然系コースの学生,3.教員免許状(理科)の取得を希望する学生(4,3,2,1年生の順) 
成績評価の基準等 実験態度およびレポートにより判定する 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ