広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC211014 科目区分 専門教育科目
授業科目名 自然システム理解実験(化学)
授業科目名
(フリガナ)
シゼンシステムリカイジッケン(カガク)
英文授業科目名 Practical Work in Chemistry
担当教員名 古賀 信吉,網本 貴一
担当教員名
(フリガナ)
コガ ノブヨシ,アミモト キイチ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 水5-8:教L209
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
実験(薬品使用)、コンピュータ活用 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 自然系コース2年次生他
授業のキーワード 化学実験 コンピュータ活用 SDGs_4 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
プログラム基礎科目であるため,中等理科内容領域の基本的な知識・理解と能力・技能の習得を目的とする。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(理科)プログラム
(能力・技能)
・中等理科教育の内容に関わる自然科学の基礎的・基本的な観察・実験,およびコンピュータを用いた処理を行うことができる。 
授業の目標・概要等 基礎的な化学実験を通して、物質の化学的性質と反応についての理解を深めるとともに、実験器具・化学薬品等の取り扱いやコンピュータの活用などに関する基礎的技能を習得し,中学校・高等学校における化学実験の指導のための素養を身に付ける。 
授業計画 第1回 安全な化学実験のために(レポートNo.1) (網本・古賀)

第2回 無機合成(1) (古賀・網本)

第3回 無機合成(2)(レポートNo.2) (古賀・網本)

第4回 容量分析(1) (古賀・網本)

第5回 容量分析(2)(レポートNo.3) (古賀・網本)

第6回 有機定性分析(1) (網本・古賀)

第7回 有機定性分析(2)(レポートNo.4) (網本・古賀)

第8回 有機化合物の分離・精製(1) (網本・古賀)

第9回 有機化合物の分離・精製(2)(レポートNo.5) (網本・古賀)

第10回 電気化学実験(1) (古賀・網本)

第11回 電気化学実験(2)(レポートNo.6) (古賀・網本)

第12回 化学反応速度(1) (古賀・網本)

第13回 化学反応速度(2)(レポートNo.7) (古賀・網本)

第14回 コンピュータの活用(1) (網本・古賀)

第15回 コンピュータの活用(2)(レポートNo.8) (網本・古賀)
 
教科書・参考書等 毎回の実験に必要な資料は配布する。
参考書:田中春彦編著、化学の実験-化学を基礎から理解するために-、培風館 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
各回の実験内容について予習し,実験ノートに必要事項をまとめておくこと。
#1 安全な化学実験のために(資料1)
#2 無機合成(1)(資料2)
#3 無機合成(2)(資料2)
#4 容量分析(1)(資料3)
#5 容量分析(2)(資料3)
#6 有機定性分析(1)(資料4)
#7 有機定性分析(2)(資料4)
#8 有機化合物の分離・精製(1)(資料5)
#9 有機化合物の分離・精製(2)(資料5)
#10 電気化学実験(1)(資料6)
#11 電気化学実験(2)(資料6)
#12 化学反応速度(1)(資料7)
#13 化学反応速度(2)(資料7)
#14 コンピュータの活用(1)(資料7)
#15 コンピュータの活用(2)(資料7) 
履修上の注意
受講条件等
教科専門科目(理科,化学実験(コンピュータ活用を含む)),自然系コース必修
実験室、実験装置の関係で、受講者数を制限する場合がある。 
成績評価の基準等 出席,予習ノート,実験への参加度、実験レポート 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ (1)必ず白衣を着用すること。
(2)専用の実験ノートを準備すること。(ルーズリーフは,不可)
(3)「コンピューターの活用」では演習ファイルを持ち帰るための記憶メディアを持参すること。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ