広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC134604 科目区分 専門教育科目
授業科目名 特別支援学校教育実習観察
授業科目名
(フリガナ)
トクベツシエンガッコウキョウイクジッシュウカンサツ
英文授業科目名 Observational Study on Teaching Practice in Special Needs Schools
担当教員名 若松 昭彦,森 まゆ,林田 真志,船橋 篤彦,谷本 忠明,村上 理絵
担当教員名
(フリガナ)
ワカマツ アキヒコ,モリ マユ,ハヤシダ マサシ,フナバシ アツヒコ,タニモト タダアキ,ムラカミ リエ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 講義・実習 授業の方法
【詳細情報】
集中講義(特別支援学校参観,学生による発表,ディスカッション,)

 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 教育学部第一類特別支援教育教員養成コースの学生
授業のキーワード 特別支援学校,教育実習の実際,授業観察,SDG_04 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
特別支援教育教員養成プログラム
(知識・理解)
・特別支援教育に携わる上で必要となる理念・歴史・制度等に関する知識・理解が備わっている。
・特別支援教育において行われる実際の指導法に関する知識・理解が備わっている。 
授業の目標・概要等 第一専修(視覚障害教育),第二専修(聴覚障害教育),第三専修(知的障害・肢体不自由・病弱教育)の専修別に,それぞれの特別支援学校を一日参観することを通して,専門的な教育内容の理解を図るとともに,3年次生の教育実習の実際に触れ,次年度に向けた意識化を図ることを目的とした授業である。なお,本授業は集中講義のかたちで実施する。 
授業計画 事前指導-特別支援学校の概要と授業に関するガイダンス(第1-3回)
特別支援学校参観(視覚障害,聴覚障害,知的障害・肢体不自由・病弱の教育領域)(第4-8回)
事後指導-各自の感想発表と質疑応答(第9-13回)
事後指導-まとめ(第14-15回)

特別支援学校参観に関する記録と事後レポートの提出 
教科書・参考書等 なし
 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
集中講義形式で実施するため,短期間で多くの内容の学習を行うこととなる。特に,学校参観にあたっては,単に見学すればよいという気持ちではなく,予め大学で学んできた基礎的な知識や,自分で調べたりした内容を基礎としながら,自分なりの視点をもった参観にしてほしい。
参観の際の質疑応答の際にも,積極的に発言し,自分の疑問を可能な限り解決するよう努めること。
 
履修上の注意
受講条件等
公立学校という社会的な場面に参加することから,教育学部学生として恥ずかしくない外見(服装,髪の色など)や言葉づかいなどの言動を求める。詳細についてはガイダンスの際に説明するが,指示した内容に従えない場合には,たとえ当日といえども,参観を認めない。 
成績評価の基準等 配属学校ごとのレポートおよび参観態度,参加度などをもとに総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 来年度の3年次教育実習に向けた貴重な経験なので,充実した授業になるように,これまでの講義内容を整理する等の準備をしておいてほしい。 
その他 各種教育実習の日程や説明等については,全て「掲示板」及び「Myもみじ」により行うので,よく確認しておくこと。(広大メールアドレスによる掲示は行いません。) 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ