広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC132815 科目区分 専門教育科目
授業科目名 聴覚障害教育授業法I
授業科目名
(フリガナ)
チョウカクショウガイキョウイクジュギョウホウI
英文授業科目名 Teaching Methods for Deaf and Hard of Hearing Students I
担当教員名 谷本 忠明
担当教員名
(フリガナ)
タニモト タダアキ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 水1-4:教L109
授業の方法 講義・演習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心,ディスカッション,学生の発表(模擬授業)(対面で実施します。) 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 教育学部第一類(平成24年度以降入学の特別支援教育教員養成コース)の学生(下記履修上の注意を参照のこと)
授業のキーワード SDG_04, 特別支援学校,聴覚障害,教科指導,学習指導案, 模擬授業 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
「実践的能力・技能」の3に関する学習の成果が期待できる。 
到達度評価
の評価項目
特別支援教育教員養成プログラム
(能力・技能)
・障害のある児童等の学習を促すための指導法や効果的に学習を行うための教材・教具の作成法・活用法について修得する。 
授業の目標・概要等 特別支援学校(聴覚障害)での教育実習を控えていることを視野に入れ,授業の実際や授業展開上の配慮点や基礎的事項(指導案の作成の仕方,評価の方法など)について理解を深め,聴覚障害教育実習に臨めるような基礎的な知識,技能を身につけることを目的とする。 
授業計画 1 はじめに-次年度特別支援学校教育実習を視野に入れたガイダンスと聴覚障害教育の現状-
2 特別支援学校(聴覚障害)の授業の考え方と指導案や略案の書き方
3 聴覚障害教育における授業づくりの基礎(1)音の環境の整備と教師の声
4 聴覚障害教育における授業づくりの基礎(2)教師の話し方-読話しやすい話し方
5 聴覚障害教育における授業づくりの基礎(3)教材作りの考え方
6 聴覚障害教育の授業における配慮事項(1)教室環境
7 聴覚障害教育の授業における配慮事項(2)掲示物
8 聴覚障害教育の授業における配慮事項(3)教師の話し方と言葉遣い
9 聴覚障害教育の授業における配慮事項(4)学習教材の工夫と考え方
10 聴覚障害教育の授業における配慮事項(5)板書の工夫-板書計画
11 教師の授業実践から学ぶ-何が授業を支えているか
12 教師の授業実践から学ぶ-何を参考にして授業づくりを考えるか
13 模擬授業(1)個別の授業と討議
14 模擬授業(2)個別の授業と討議
15 模擬授業(3)個別の授業と討議:まとめ

レポートを複数回課す。

授業の順序や内容については,受講生の数などによって変更することがある。 
教科書・参考書等 テキスト:使用しない。必要な資料はその都度配付する。
参考書:必要に応じて指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
使用する視聴覚教材の種類(DVD)
ビデオ・DVD使用の場合(本数;10本;1回の上映時間3~50分)
ビデオ・DVDの文字情報(字幕有り) 
予習・復習への
アドバイス
次年度の特別支援学校での教育実習につながることを目指しているが,初等教育で学んでいる内容との関連性や,これまで行ってきた学校参観の経験ともつなげながら学習を進めてほしい。
普段から図書館や図書室で現行教科書の内容に触れておくことも期待する。指導案の書き方についても県立学校の様式に準じて行うこととしている。
特に各授業時間ごとのまとめ作業は確実に行わないと,最後にまとめて行う事は難しい。そのため,授業時間外での作業や学習が求められる。 
履修上の注意
受講条件等
教育職員免許法の特別支援学校教諭免許(聴覚障害教育領域)第二欄(教育課程・指導法)に該当する選択科目である。
授業の第1回目に,授業の進め方について相談する。そのため,初回に欠席した者は受講を認めない。また,授業開始後の受講取り消しも認めない。
さらに,途中の欠席は,次の作業に影響することが大きいため,やむを得ない理由以外の4回以上の欠席の場合は不可とする。詳しくは,初回の授業で伝える。
最終提出用のノートを準備しておくこと。 
成績評価の基準等 途中で課す複数回のレポート提出と,授業内容をまとめたノート,および模擬授業の内容を基準とする。ノートについては,単に授業内容をまとめただけではなく,自分が何を学んだかの視点が盛り込まれていることを要件とする。また,途中でグループごとに意見交換や発表を行うが,それへの参加の姿勢についても評価の一部とする。1年後の教育実習を意識し,積極的な学びの姿勢を期待する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 特別支援学校(聴覚障害)での教育実習を視野に入れた授業であることから,通常教育や他の障害領域の教育との違いを十分に意識しながら学習してほしい。授業時間にできることは限られることから,各自で自発的に作業を進めてほしい。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ