広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC132712 科目区分 専門教育科目
授業科目名 聴覚障害教育基礎論
授業科目名
(フリガナ)
チョウカクショウガイキョウイクキソロン
英文授業科目名 Fumdamentals of Education for Children with Hearing Impairments
担当教員名 谷本 忠明
担当教員名
(フリガナ)
タニモト タダアキ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中:教K203
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心(対面で実施します。)(補足:出席確認は広大学生証(IDカード)で行いますので、毎回必ず持参してください。) 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 介護等体験代替措置学生用
授業のキーワード SDG_04, 特別支援学校(聴覚障害教育),学習指導要領,言語獲得 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
「知識・理解」の1および3に関する学習の成果が期待できる。 
到達度評価
の評価項目
特別支援教育教員養成プログラム
(知識・理解)
・特別支援教育に携わる上で必要となる理念・歴史・制度等に関する知識・理解が備わっている。 
授業の目標・概要等  聴覚障害教育に関する専門教育の導入として,聴覚障害教育の内容と教育方法の概要を解説し,聴覚障害教育に携わる上で何が重要と考えられるか,聴覚障害教育の課題は何なのかについて理解することを目標とする。
 
授業計画 1 はじめに:授業受講に当たってのガイダンス,聴覚障害に関する基礎的事項,聴覚障害を補償する機器
2 わが国の特別支援教育を巡る状況と学習指導要領,教育課程
3 聴覚障害教育の場と制度
4 聴覚障害教育の現状-国の統計資料から見た状況(1)
5 聴覚障害教育の現状-国の統計資料から見た状況(2)
6 言葉の獲得過程
7 聴覚障害児が示す言語発達の特徴(1)語彙
8 聴覚障害児が示す言語発達の特徴(2)構文・文章
9 聴覚障害教育におけるコミュニケーション手段とその意味
10 聴覚障害教育の歴史
11 聴覚障害教育における指導の内容(1)就学前段階
12 聴覚障害教育における指導の内容(2)教科の指導
13 聴覚障害教育における指導の内容(3)自立活動
14 聴覚障害教育における合理的配慮
15 おわりに:これからの聴覚障害教育に求められるもの

最終試験を実施します。授業用のノート(ルーズリーフ式でも可)を必ず準備してください。(詳細については、初回ガイダンスで説明します。)

講義の順序は入れ替わることがあります。
 
教科書・参考書等 授業資料を配布する。参考書として「特別支援学校学習指導要領(幼稚部・小学部・中学部)・同解説」(文部科学省ホームページからダウンロード可能)を挙げる。
 
授業で使用する
メディア・機器等
使用する視聴覚教材の種類(ビデオ・DVDを使用する)
ビデオ・DVD使用の場合(本数;5本程度 1回の上映時間15分)
ビデオ・DVDの文字情報(字幕付きのものを予定している。) 
予習・復習への
アドバイス
初めての学習であるため、配付資料や解説した内容を用意した自分のノートに整理して理解を深めるようにし、関連する事項については、自分で調べるなどの活動を行うようにしてください。 
履修上の注意
受講条件等
教育職員免許法の特別支援学校教諭免許(聴覚障害教育領域)第二欄(教育課程・指導法)に該当する必修科目である。
毎時間出席をとる。初回に授業の進め方などの説明をするので、必ず初回から出席すること。初回に欠席の者は受講を認めない。(補足:30分以上の遅刻は欠席として扱います。)
出席は、IDカードと出席カードで確認する。必ずIDカードを持参すること。 
成績評価の基準等 最終試験および通常点(授業参加度) 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 1日単位の集中講義となること、初めての学習内容になる人も多いと思われることから、できるだけ分かりやすく解説するつもりです。
遅刻や欠席がないように受講してもらうことを期待しております。
 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ