広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC130101 科目区分 専門教育科目
授業科目名 特別支援教育総論
授業科目名
(フリガナ)
トクベツシエンキョウイクソウロン
英文授業科目名 Introduction of Special Needs Education
担当教員名 竹林地 毅,川合 紀宗,村上 理絵
担当教員名
(フリガナ)
チクリンジ タケシ,カワイ ノリムネ,ムラカミ リエ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火5-8:教L204
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
4月14日、21日、28日は非対面。
講義中心とディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 特別支援教育特別専攻科知的障害教育領域コースの学生に限る。それ以外の学生は教員の許可が必要。
授業のキーワード 特別支援教育、特別支援学校、特別支援学級,通級指導教室,実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
特別支援学校教諭免許状の特別支援教育の基礎論に関する科目で必修科目。 
到達度評価
の評価項目
特別支援教育教員養成プログラム
(知識・理解)
・特別支援教育に携わる上で必要となる理念・歴史・制度等に関する知識・理解が備わっている。 
授業の目標・概要等 特別支援教育に関する理解を深めるため,特別支援学校と特別支援学級ならびに通級指導教室の役割と概要,そこで行なわれる授業の実際についての説明を行なう。
 
授業計画 第1回 オリエンテーション(竹林地)

第2回 特別支援教育の理念,関連する制度(竹林地)
第3回 特別支援教育の歴史,対象幼児児童生徒(竹林地)
第4回 特別支援学校の教育活動(視覚障害者・聴覚障害者の教育)(竹林地)
第5回 特別支援学校の教育活動(知的障害者・肢体不自由者・病弱者の教育)(竹林地)
第6回 特別支援学校の学習指導要領と教育課程(竹林地)
第7回 自立活動の目標と指導内容・方法(竹林地)
第8回 中間まとめ(ワークショップ形式の討論)(竹林地)

第9回 個別の指導計画と個別の教育支援計画の作成の意義と作成方法(竹林地)
第10回 幼稚園,小・中学校,高等学校における特別支援教育の概要(竹林地)
第11回 小・中学校の通常の学級における特別支援教育と特別支援教育コーディネーター(川合)
第12回 特別支援学校のセンター的機能と活用(川合)
第13回 特別支援学級の教育活動,通級による指導(川合)
第14回 合理的配慮と交流及び共同学習(川合)
第15回 発達障害のある児童生徒の授業の工夫(川合)

試験による評価。 
教科書・参考書等 「特別支援教育総論: インクルーシブ時代の理論と実践」北大路書房 全般的な参考書となるので購入すること 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料による配慮を行う。 
予習・復習への
アドバイス
第1回から第7回までの前半のまとめの振り返りを第8回目に行う。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 特別支援教育の基礎的な知識・理解の程度をみる試験を実施する。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
1名は特別支援学校、特別支援学級、教育委員会、国立研究所での勤務経験があり、もう1名は米国の公立学校や大学病院、大学附属言語療法クリニックでの勤務経験がある。こうした経験を基に、制度や実践の在り方についても紹介する。 
メッセージ 具体的な映像を多用し,理解しやすいようにします。 
その他 特別支援学校と小学校特別支援学級の担任者や教育センターや教育委員会での勤務経験者(竹林地)及び米国の公立学校や大学に勤務し、言語障害臨床を行った経験のある者(川合)が実務経験にもとづく具体例を紹介し、実践的な学びになるように指導している。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ