広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC120507 科目区分 専門教育科目
授業科目名 視覚障害測定・評価演習
授業科目名
(フリガナ)
シカクショウガイソクテイ・ヒョウカエンシュウ
英文授業科目名 Seminar on Evaluation and Assessment of Visual Impairments
担当教員名 氏間 和仁
担当教員名
(フリガナ)
ウジマ カズヒト
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 金5-8:教C203
授業の方法 講義・演習 授業の方法
【詳細情報】
講義と演習 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 教育学部第一類(学校教育系)特別支援教育教員養成コースの学生
授業のキーワード 視覚障害,発達検査,個別の指導計画,実務経験, SDG_04 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
「知識・理解」の2,3,および「実践的能力・技能」の1の学習の成果が期待される。 
到達度評価
の評価項目
特別支援教育教員養成プログラム
(能力・技能)
・特別支援教育において必要とされる教育的・心理的な諸検査のもつ特性を踏まえ,その実施方法の理解と検査結果に基づく教育的な評価ができる。 
授業の目標・概要等 幼児・児童用の心理検査は数多く開発され,活用されているが,視覚障害幼児・児童には視覚を用いる検査は適用できなかったり,配慮した上で活用していくこととなる。本講義では,視覚障害幼児・児童用に開発された検査を中心にして,検査を実施し,その結果を教育に活用するための基礎的な知識を習得することを目標とする。

 
授業計画 1 教育的評価の概要,広D-K式視覚障害児用発達診断検査
2 視機能の質問紙による評価,NSCO
3 教育的視力測定(遠見)の実施
4 教育的視力測定(近見),最大視認力の実施
5 MNREAD-Jの概要
6 MNREAD-Jの実施
7 MNREAD-Jの集計
8 MNREAD-Jの支援への応用
9 色覚の検査
10 URAWSS
11 評価の企画
12 評価の実施
13 評価の分析
14 評価のまとめ
15 まとめ

期末試験を実施する。

授業の連絡及び資料等は,もみじ上の掲示板で行います。大学のメールを頻繁に確認するか,プライベート メールアドレスへの転送設定を行うなど,掲示板のアップデート情報を確実に確認できる手段を各自で講じてください。 
教科書・参考書等 講義形式:講義中心
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,必携パソコン 
予習・復習への
アドバイス
課題を行う際は,課題で与えられた資料に出てくる単語で不明なものは各自で調べておいてください。
技術の習得が重要になりますので,未熟と思った場合は,授業外で練習を行ってください。 
履修上の注意
受講条件等
特別支援学校教諭一種免許状用の特別支援教育に関する科目第二欄(心身に障害のある幼児,児童又は生徒の心理,生理及び病理に関する科目)に該当する科目である。
遅刻は0.5回の欠席とみなす。
授業実施回数の1/5以上を欠席したものは,原則として期末試験を受けることができない。 
成績評価の基準等 受講態度及びレポート,期末試験による。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
盲学校で12年勤務した教員(氏間)が,その経験を生かして,視覚障害のある児童生徒の心理,評価,指導法について指導する。
 
メッセージ 主体的に授業に参加し,出きる限り疑問を残さぬように,質問の時間を有効に利用するとともに積極的に復習することを期待しています。
必携パソコンを持参すること。 
その他 盲学校で12年勤務した教員が,視覚障害者の心理・評価・指導法について講義する。
 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ