広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学部
講義コード CC000911 科目区分 教養教育科目(昼)
授業科目名 教養ゼミ
授業科目名
(フリガナ)
キヨウヨウゼミ
英文授業科目名 Introductory Seminar for First-Year Students
担当教員名 松見 法男
担当教員名
(フリガナ)
マツミ ノリオ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 水1-4:教K113
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義・演習併用,ディスカッション,学生の発表,グループ単位で実技演習 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 06 : 心理学
対象学生 日本語教育系コース生必修
授業のキーワード 言語的コミュニケーション,手話,音声言語 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
視覚言語である手話を第二言語として学習することにより,音声言語である日本語を母語として,あるいは第二言語として学習する人たちの「ことば」と「こころ」の関係を知ることができる。日本語教育観を形成するときの一助として位置づけられる。 
学習の成果 
授業の目標・概要等 本授業では,「活きた教養」の一つとして手話言語の基本をマスターし,手話でコミュニケーションをする楽しさを味わい,より豊かな言語生活への第一歩を踏み出すことを目標とする。 
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 自己紹介に関する手話表現を,指文字表現を含めて学習する
第3回 広島大学の学生生活を中心として,日常の生活に関する手話表現を,指文字表現を含めて学習する
第4回 図書館ウォークラリー「問い」を見つけよう
第5回 専門分野や将来の仕事に関する手話表現を,指文字表現を含めて学習する
第6回 同上
第7回 手話で表現される歌,手話が登場するドラマ・映画を鑑賞し,手話の言語運用を経験する
第8回 同上 
第9回 手話経験者をまじえて,グループごとに手話で言語的コミュニケーションを体験する
第10回 手話による「5分間スピーチ」に向けた準備活動を行う
第11回 各自が,手話による「5分間スピーチ」を行い,手話で自分の考えを主張する
第12回 体験実習における研究課題
第13回 体験実習(日本語教育の現場で観察実習)(1)
第14回 体験実習(日本語教育の現場で観察実習)(2)
第15回 体験実習(日本語教育の現場で観察実習)(3)

母語として音声言語を習得している私たちは,第二言語(外国語)を学習するときも音声言語を選ぶことが多い。「ことば」と言われると,音声言語しか思い浮かばない人もいる。しかし,世の中には「音」をもたない言語がある。それが視覚言語と呼ばれる手話である。

本授業では,教養ゼミを「教養を身につけるためのゼミ」と位置づけ,前半は,手話言語の基本的な知識と技能を習得する。ただし,一方的な授業とならないように,視聴覚メディアを活用し,自然言語としての手話のおもしろさや,音声言語である日本語との相違点・共通点についても触れる。手話を母語とする人たちの文化や身近な問題についても適宜,紹介する。
後半は,習得した手話を使って,実際に自由なコミュニケーションを体験する。手話で最近の歌を楽しんだり,手話が登場するドラマ・映画を鑑賞したり,さらに手話経験者である先輩たちといっしょに,グループに分かれて会話したりする。最終的には,各自がテーマを設けて,手話をまじえた「5分間スピーチ」を行う。 
教科書・参考書等 授業の中で,適宜,紹介する。 
授業で使用する
メディア・機器等
毎時間,手話に関する資料を配付する。視聴覚教材として,ビデオ映像やPC画面を通した動画を用いる。 
予習・復習への
アドバイス
手話はジェスチャーではなく自然言語である。したがって,手話を第二言語として学習するには,他の音声言語の学習と同じように,単語を覚え,文法を理解し,意味のある固まりとして文を覚える必要がある。
毎回,主要なテーマを設けて手話学習を進めるので,そこで登場する語句や文は,授業後に復習し,しっかりと身につけよう。
音声言語の学習と同じように,シャドーイングやリピーティングが重要な練習課題となる。それらを積極的に遂行し,手話の習熟度を上げて欲しい。 
履修上の注意
受講条件等
特になし 
成績評価の基準等 授業への参加態度(50%),最終発表の場である「5分間スピーチ」(50%)により,総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ このゼミでは,何よりも「活きた教養」を,手話を通して身につけて欲しい。「活きた教養」とは,自分のためだけに蓄えておくのではなく,自分以外の誰かのために実際に使うことができる教養のことである。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ