広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 文学部
講義コード BH302001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 地理学野外実験
授業科目名
(フリガナ)
チリガクヤガイジッケン
英文授業科目名 Geographical Field Work
担当教員名 友澤 和夫,後藤 秀昭,奥村 晃史,後藤 拓也
担当教員名
(フリガナ)
トモザワ カズオ,ゴトウ ヒデアキ,オクムラ コウジ,ゴトウ タクヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 集中
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
本年度の実施方法については未定です。状況を見ながら、5月連休明け頃を目処に方針を出します。
「地理学野外演習」において決定したテーマに基づいて現地で調査実習を遂行する。 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 12 : 地理学
対象学生 地理学専攻学生に限る
授業のキーワード フィールドワークの実施,土地利用調査,地域構造,社会生活,経済活動,人口変化,聞き取り調査,質問票調査 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
地理学分野における野外実験 
到達度評価
の評価項目
地理学・考古学・文化財学プログラム
(能力・技能)
・地理学、考古学または文化財学に関する調査能力の習得
(総合的な力)
・測量・製図機器、映像機器、コンピューターなどの操作能力、基礎的な情報処理や視覚的表現能力の習得 
授業の目標・概要等 本講義は,「地理学野外演習」において決定したテーマに基づいて現地で調査実習を遂行するものであり,それを通じて社会生活や経済活動,自然環境等を対象とする地域調査の専門的な手法を体得することを目的とする。4日間の集中の形式で行い,初日は参加者全員で調査を実施し,対象地域の地域構造の理解を深める。2日目から4日目は,各自があらかじめ設定したテーマに沿った調査を実施する。そこでは聞き取り調査や質問票調査が中心となる。夜にはミーティングを開催し,当日の調査内容・方法を確認するとともに,翌日の調査について説明しアドバイスを受ける。なお,2019年度は高知県で実施予定である。 
授業計画 第1回 1日目;県庁(または市役所)での聞き取り調査
第2回 1日目;企業での聞き取り調査
第3回 1日目;農協(または農家)での聞き取り調査
第4回 1日目;自然環境の観察・調査
第5回 2日目;各自のテーマに基づく調査(1)
第6回 2日目;各自のテーマに基づく調査(2)
第7回 2日目;各自のテーマに基づく調査(3)
第8回 2日目;各自のテーマに基づく調査(4)
第9回 3日目;各自のテーマに基づく調査(5)
第10回 3日目;各自のテーマに基づく調査(6)
第11回 3日目;各自のテーマに基づく調査(7)
第12回 3日目;各自のテーマに基づく調査(8)
第13回 4日目;各自のテーマに基づく調査(9)
第14回 4日目;各自のテーマに基づく調査(10)
第15回 4日目;各自のテーマに基づく調査(11) 
教科書・参考書等 個別に指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
なし 
予習・復習への
アドバイス
野外実験という特性から予習・復習は必要としない。 
履修上の注意
受講条件等
文学部の地理学専攻生に限る。
 
成績評価の基準等 野外実習の計画,現地調査,調査後の分析や考察を総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ