広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 文学部
講義コード BC200002 科目区分 専門教育科目
授業科目名 生命倫理
授業科目名
(フリガナ)
セイメイリンリ
英文授業科目名 Bioethics
担当教員名 後藤 雄太
担当教員名
(フリガナ)
ゴトウ ユウタ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 月5-8:文B251
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 02 : 倫理学
対象学生  
授業のキーワード 死 自己決定権 優生思想 遺伝子技術 生殖技術 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
哲学・思想文化学プログラム
(知識・理解)
・哲学・思想文化学に関する基本的理解(含教養教育)
・哲学・思想文化学の各分野に関する基礎的知識の習得 
授業の目標・概要等 本講義の目標は、生命倫理に関する基本的知識を習得することである。前半は「死」に関わる問題(終末期医療、尊厳死、脳死など)、後半は「誕生」に関わる問題(中絶、出生前診断、優生思想など)を主に扱う。また、生命倫理の問題の考察を通して、各自の死生観を深めていく。 
授業計画 第1回:ガイダンス:生命倫理学とは何か
第2回:死の告知の問題:インフォームドコンセントと知る権利
第3回:ターミナル・ケア:死に逝く人に何をしてあげられるのか
第4回:安楽死と尊厳死
第5回:自らの死を考える
第6回:脳死をめぐる問題
第7回:臓器移植と人体の商品化
第8回:人工妊娠中絶の歴史と現状
第9回:人工妊娠中絶の倫理的是非
第10回:選択的中絶の倫理的問題
第11回:生殖技術の基礎知識
第12回:生殖技術の倫理的問題
第13回:クローン技術の倫理的問題
第14回:遺伝子技術の倫理的問題
第15回:まとめ

期末レポートを課す 
教科書・参考書等 プリント配付。参考書は、授業の中で適宜紹介する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
予習について:特に必要ないが、参考書などの該当箇所を読んでおくとよい。
復習について:授業内で触れられなかった箇所も含め、資料プリントすべてに目を通してみる。さらに、関連文献も積極的に読んでみる。
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業への参加態度(30%)
レポート(70%)
 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ