広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 総合科学部
講義コード AQN00601 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Fundamentals of Life Science (ライフサイエンスの世界)
授業科目名
(フリガナ)
ライフサイエンスノセカイ
英文授業科目名 Fundamentals of Life Science
担当教員名 斎藤 祐見子,石田 敦彦,浮穴 和義,古川 康雄,佐藤 明子,根平 達夫,彦坂 暁
担当教員名
(フリガナ)
サイトウ ユミコ,イシダ アツヒコ,ウケナ カズヨシ,フルカワ ヤスオ,サトウ アキコ,ネヒラ タツオ,ヒコサカ アキラ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 金9-10:総K205
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
Bb9 オンデマンド授業(配信期間があるので注意すること) 
単位 1.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 04 : 生命科学
対象学生 学部学生
授業のキーワード 分子生物学、遺伝子、タンパク質、核酸、生体分子、酵素、代謝、細胞、オルガネラ、情報伝達、発生、分化、細胞分裂、恒常性、神経系、免疫系、遺伝 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
・個別学問体系の密接な相互関係とその重要性を認識するうえでの必要な知識・理解
(能力・技能)
・課題の考察のために必要な理論・方法を特定する能力・技能
(総合的な力)
・研究倫理と主体的な知的関心に基づき課題を発見し、解決に向けた方策を立案できる総合的な能力

国際共創プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
・個別学問体系の密接な相互関係とその重要性を認識するうえで必要な知識・理解
(能力・技能)
・課題の考察のために必要な理論・方法を特定する能力・技能
(総合的な力)
・研究倫理と主体的な知的関心に基づき課題を発見し、解決に向けた方策を立案できる学際的思考力 
授業の目標・概要等 本講義は発展著しい生命科学の基本概念を、分子細胞生物学を中心に、生化学、遺伝学、発生生物学などの知見を織り交ぜながら、できるだけ平易に解説することを目標としている。 
授業計画 第1回 細胞の構造と生命の起源(斎藤)
第2回 生体構成分子(根平)
第3回 遺伝子の構造と機能(浮穴)

第4回 代謝とエネルギー(石田)
第5回 細胞分裂と情報伝達/発生と分化(彦坂)
第6回 多細胞生物における恒常性の維持機構(古川)
第7回 遺伝学の基礎と遺伝病(佐藤)
第8回 講義のまとめ(斎藤)
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回 
教科書・参考書等 参考書:Ya-Sa-Shi-I Biological Science (English version) Ed. by Nagumo et al. (Yodosha Co Ltd. 2016) 購入することをすすめる。 
授業で使用する
メディア・機器等
Bb9(mp4音声入り録画もしくはハンドアウト。この両方を準備する場合もあり) 
予習・復習への
アドバイス
オンデマンド講義の前に、講義予定の教科書範囲を一通り読むこと。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 担当教員による課題(小テストまたはレポート)。期限までに提出すること。提出法は原則として、Bb9へのアップロードとする 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ きめ細やかな対応ができる対面授業が行えず、大変残念です。講義において不明点や理解できない点があれば遠慮なくメール連絡してください。メールまたは電話でお答えします。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ