広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 総合科学部国際共創学科
講義コード ARS40501 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Foreign Language Acquisition and Communication II (外国語習得とコミュニケーション II)
授業科目名
(フリガナ)
ガイコクゴシュウトクトコミュニケーション II
英文授業科目名 Foreign Language Acquisition and Communication II
担当教員名 柴田 美紀
担当教員名
(フリガナ)
シバタ ミキ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 木5-6:総K208
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義、ディスカッション、ペア/グループディスカッション
 
単位 1 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 06 : 言語学
対象学生  
授業のキーワード 語用、アイデンティティ、言語態度、モチベーション、グローバル社会、言語政策 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・個別学問体系に関する多様な情報源から必要な文献資料やデータを収集・解析する能力・技能
(総合的な力)
・柔軟な発想と構想力のもとに、課題を考察するために必要な知識・理解と能力・技能を組合せ、主体的に研究する能力

国際共創プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・個別学問体系に関する多様な情報源から必要な文献資料やデータを収集・解析する能力・技能
(総合的な力)
・柔軟な発想と構想力のもと、課題を考察するために必要な知識・理解と能力・技能を組合せ、地球的展望から研究する能力 
授業の目標・概要等 私たちは母語を無意識かつ自然に習得していたが、外国語を身につけるのは容易いことではない。第二言語習得研究は70年代から盛んに行われるようになった、比較的新しい分野である。外国語習得とコミュニケーションIに続く本授業では、外国語学習者心理と社会イデオロギーの側面に焦点を当てる。 
授業計画 第1回 外国語習得とコミュニケーションI
第2回 同上
第3回 同上
第4回 同上
第5回 同上
第6回 同上
第7回 同上
第8回 同上
第9回 第二言語学習者の語用(1)
第10回 第二言語学習者の語用(2)
第11回 第二言語学習と言語態度
第12回 第二言語学習と学習者アイデンティティ
第13回 外国語学習のモチベーション
第14回 グローバル社会の外国語学習
第15回 外国語学習と言語政策

期末レポート(英語)

内容をより理解するため、ジャーナル要約と書評を課す。 
教科書・参考書等 英語論文(電子ジャーナル) 
授業で使用する
メディア・機器等
パワーポイント 
予習・復習への
アドバイス
各回の授業に臨む際に必ず以下の予習を行うこと。
1. 事前に必ず論文を読み、まとめを書く。
2. 論文の中でわからないことはオンライン・サーチをする。出来る範囲で理解をする。 
履修上の注意
受講条件等
1. 外国語習得とコミュニケーションIを履修していること。
2. 英語で書かれた専門誌の論文およびディスカッションを英語で行えるだけの英語力を要す(TOEIC500点以上)。

※平成29年度以前入学生は必ず,「Foreign Language Acquisition and Communication I (外国語習得とコミュニケーションI)」とセットで受講してください。セットで受講し,両方の単位を修得した場合のみ「第二言語習得論」(2単位)として単位認定されます。一方の科目のみの履修では単位認定されませんので,ご注意ください。 
成績評価の基準等 1. 授業参加度  20%
2. 論文要約            20%
3. 書評        20%
4. 期末レポート   40%  
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 外国語習得とコミュニケーションIを参照のこと。 
その他 原則、聴講は認めない。ただし、相談に応じ、場合によってはその限りではない。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ