広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード AKY19001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 フランス語中級総合演習IIA
授業科目名
(フリガナ)
フランスゴチュウキュウソウゴウエンシュウ2A
英文授業科目名 Seminar in Intermediate French IIA
担当教員名 平手 友彦
担当教員名
(フリガナ)
ヒラテ トモヒコ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 水5-6:総J101CALL
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心の講義であるが、学生の発表を求める機会が多い。 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 04 : フランス語圏
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・異文化・異領域の人々に対するコミュニケーション能力の前提となる日本語・日本文化及び外国語・外国文化への知識・理解
(能力・技能)
・個別学問体系に関する多様な情報源から必要な文献資料やデータを収集・解析する能力・技能
(総合的な力)
・柔軟な発想と構想力のもとに、課題を考察するために必要な知識・理解と能力・技能を組合せ、主体的に研究する能力

国際共創プログラム
(知識・理解)
・異文化・異領域の人々に対するコミュニケーション能力の前提となる自らの言語・文化及び他の言語・文化への知識・理解
(能力・技能)
・個別学問体系に関する多様な情報源から必要な文献資料やデータを収集・解析する能力・技能
(総合的な力)
・柔軟な発想と構想力のもと、課題を考察するために必要な知識・理解と能力・技能を組合せ、地球的展望から研究する能力 
授業の目標・概要等 読み・書き・話し・聞くの4技能を高度にバランスよく習得して、フランス語で自由にコミュニケーションできる総合的能力を養成する。 
授業計画 第1回 半過去(1)
第2回 半過去(2)
第3回 指示代名詞
第4回 疑問代名詞
第5回 期間を表す表現
第6回 比較級
第7回 最上級
第8回 不規則な比較級と最上級
第9回 不定詞と不定法
第10回 形容詞の名詞化
第11回 単純未来形
第12回 不定代名詞の修飾
第13回 近接過去と近接未来
第14回 関係代名詞
第15回 関係代名詞と強調構文

この講義は上記の目標を達成するためフランス語を集中的に学習できるように4人の教員による連動した週4回の授業からなる「フランス語インテンシブ・コース」(ニ年次)講義の一つである。総合的なフランス語能力の効果的な習得のために開発されたビデオ教材を用いて体系的な授業を行う。またこの講義はCALL教室で行われ、随時フランス語教育用コンピュータソフトによる学習支援活動を行う。 
教科書・参考書等 テクストは前期に引き続き4コマとも総合的なフランス語運用能力の習得のために開発された次のビデオ教材を用いて体系的な授業を行う。
Le nouveau taxi 1, Hachette
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキストと辞書、および音声教材と映像資料。 
予習・復習への
アドバイス
各回の講義の復習が必要であることは言うまでもない。復習内容は宿題と併せて毎回指示する。 
履修上の注意
受講条件等
この講義に連動する次の三つの講義、火曜日9・10時限ロリヤール担当「フランス語コミュニケーションスキルアップ」、木曜日9・10時限井口担当「フランス語中級総合演習IIB」、金曜日5・6時限マリノエル・ボーヴィウー担当「フランス語中級会話演習II」を受講できることが望ましいが、時間割の都合で3コマまでしか受講できない場合も可。二コマのみ場合は応相談。 
成績評価の基準等 定期試験、小テスト、課題レポート等で80%(程度)と平常点で20%(程度)で行う。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 間違いを恐れない積極的な講義への参加が求められる。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ