広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 統合生命科学研究科博士課程前期
講義コード WA000101 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 統合生命科学特別講義
授業科目名
(フリガナ)
トウゴウセイメイカガクトクベツコウギ
英文授業科目名 Special Lectures in Integrated Sciences for Life
担当教員名 三本木 至宏,草場 信,千原 崇裕,上野 勝,中田 聡,山本 祥也,藤井 創太郎,中村 隼明,粟津 暁紀,深澤 壽太郎,加藤 純一,中島田 豊,河本 正次,都築 政起,和崎 淳,山崎 岳,石原 康宏,植木 龍也
担当教員名
(フリガナ)
サンボンギ ヨシヒロ,クサバ マコト,チハラ タカヒロ,ウエノ マサル,ナカタ サトシ,ヤマモト ヨシナリ,フジイ ソウタロウ,ナカムラ ヨシアキ,アワヅ アキノリ,フカザワ ジュタロウ,カトウ ジュンイチ,ナカシマダ ユタカ,カワモト セイジ,ツヅキ マサオキ,ワサキ ジュン,ヤマザキ タケシ,イシハラ ヤスヒロ,ウエキ タツヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 木5-8:総K108
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 生命科学
対象学生 博士課程前期一年
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 本講義は、各プログラムの研究分野に関わる専門的な内容だけでなく、異なる分野間の融合・連携事例あるいはその可能性について講義することにより、学生が様々な研究分野を俯瞰的に理解できるようにすることを目指す。 
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 がん治療の薬剤標的としての染色体
第3回 健康維持・増進のためのバイオテクノロジー
第4回 微生物由来成分を用いた機能性食品の創製に関する研究
第5回 非平衡下における非線形現象
第6回 生物資源としての日本鶏
第7回 環境中の物質循環と植物の栄養
第8回 動物における金属元素利用の分子機構
第9回 動物発生工学
第10回 ホルモンの不可逆的作用と調節作用
第11回 植物ホルモン・ジベレリンの恒常性と信号伝達の制御機構
第12回 遺伝子制御の生物物理学
第13回 極限環境生物とその産業展開
第14回 モデル動物を用いた薬理学・毒性学研究
第15回 スペースコロニーのバイオテクノロジー 
教科書・参考書等 「生元素とは何か 宇宙誕生から生物進化への137億年」道端 齊 (著)、NHKブックス(植木) 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
染色体を標的としたがん治療薬開発の現状について理解すること(上野) 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 出席、小テスト、レポート等の総合評価 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ