広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 医歯薬保健学研究科修士課程医歯科学専攻
講義コード TA110801 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 総合医療実践学特論
授業科目名
(フリガナ)
ソウゴウイリョウジッセンガクトクロン
英文授業科目名 Lecture on practice of general medicine
担当教員名 伊藤 公訓,横林 賢一,大谷 裕一郎,吉田 秀平,宮森 大輔,石田 亮子,松本 正俊,菅野 啓司,岸川 暢介,菊地 由花,梅本 誠治
担当教員名
(フリガナ)
イトウ マサノリ,ヨコバヤシ ケンイチ,オオタニ ユウイチロウ,ヨシダ シュウヘイ,ミヤモリ ダイスケ,イシダ リョウコ,マツモト マサトシ,カンノ ケイシ,キシカワ ノブスケ,キクチ ユカ,ウメモト セイジ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 木11:医第3講義室, (後) 木12
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 医学
対象学生 修士課程
授業のキーワード 総合診療、プライマリケア、医療情報、疫学調査、臨床代謝栄養、薬物介入 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 プライマリケアにおける実践的医療を理解するために、総合診療・医療情報の基本を習得するとともに、その実践的な臨床フィールドにおける疫学研究・臨床代謝栄養研究・薬物介入研究のあり方をガイドラインや診療指針を交えて実技を中心に学ぶ。 
授業計画 1 10/3
診療ガイドラインの作成と活用
宮森 大輔
2 10/10
社会疫学と行動経済学
横林 賢一
3 10/17
社会医学における地域格差
松本 正俊
4 10/24
総合診療
大谷 裕一郎
5 11/14
薬物介入研究の基本と実践※
岸川 暢介
6 11/21
感染症のプロセス
宮森 大輔
7 11/28
プライマリ・ケアにおける困難患者と患者複雑性
吉田 秀平
8 12/5
プライマリケアとリハビリテーション
菊地 由花
9 12/12
プライマリケアと総合診療※ 18:30~
田妻 進
10 12/19
プライマリ・ケアにおける生活習慣病診療
石田 亮子
11 1/9
人を対象とする医学系研究の基礎と臨床
梅本 誠治
12  1/16
学術論文の基礎知識とその活用※
菅野 啓司
13  1/23
漢方診療の特性と活用
石田 亮子
14  1/30
プライマリ・ケアと家庭衣料※
吉田 秀平  
15   2/6
総括と形成的評価※
菅野 啓司

10/10は18:30-の開始。
※は、臨床研究棟1階 総合診療科のセミナー室での講義となります。
10/31は休講となり、代替には2/6です。 
教科書・参考書等 ハリソン内科学(第4版) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
関連項目を成書にて予習・復習 
履修上の注意
受講条件等
木曜日 11・12時限  Thu. 11, 12th Period
(18:00~19:30)
医学部第3講義室
 
成績評価の基準等 レポート、口頭試問 
メッセージ  
その他 備 考  10/10は18:30-の開始。
※印は、臨床研究棟1階 総合診療科のセミナー室での講義となります。

 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ